スポーツ

県高校総体 益川洋武が三千障害で優勝

長崎県高校総合体育大会陸上競技の各種決勝が9日に行われ、男子三千㍍障害で、益川洋武(壱岐高3年)が優勝した。
益川は予選(8日)で10分06秒88。全体の7番目のタイムで通過し決勝に進出。決勝では予選タイムを30秒近くも縮めて、9分37秒40をマーク。2位の木村壱正(西海学院3年)に0秒43差をつけた。

関連記事

  1. VファーレンU‐15入部。壱岐SSC・山田大翔さん。
  2. 「新庁舎は極力スリム化」 ゲートボール場移設試算3・3億円 第2…
  3. 「甲子園の経験は人生の成長につながった」海星・小畑翔大主将インタ…
  4. 春の叙勲を受章 瀬戸口和幸さん、髙田國行さん
  5. 7競技に5百人出場。市中体連球技・剣道大会
  6. 新庁舎建設を断念
  7. 2人と1団体に市長特別表彰 バレー田中さんは2度目の受賞 作文・…
  8. ジュディ・オングさん来島 トークショー、サイン会を開催

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP