スポーツ

県高校総体 益川洋武が三千障害で優勝

長崎県高校総合体育大会陸上競技の各種決勝が9日に行われ、男子三千㍍障害で、益川洋武(壱岐高3年)が優勝した。
益川は予選(8日)で10分06秒88。全体の7番目のタイムで通過し決勝に進出。決勝では予選タイムを30秒近くも縮めて、9分37秒40をマーク。2位の木村壱正(西海学院3年)に0秒43差をつけた。

関連記事

  1. 女子郷ノ浦7位、男子勝本10位。県中学総体駅伝競走大会
  2. 3企業女子陸上部が合宿 筒城ふれあい広場工事に提案も
  3. 島外から18チーム参戦 アイランドCサッカー
  4. 壱岐商から25年ぶり快挙!松下がインターハイ出場決める。北九州総…
  5. 4中学が練習成果を競う 市中体連球技・剣道大会
  6. 平均価格57万円突破 金太郎3産子が高値 10月子牛市
  7. 壱岐国牛まつりが30周年
  8. 産卵期の漁獲制限を!! マグロ資源を考える会

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP