地域情報

本市で16年ぶり開催 第77回県消防団大会

 第77回県消防団大会(県消防協会、壱岐市主催)が16日、壱岐の島ホールで県内21市町の消防団の代表約580人が一同に会して開かれ、消防精神と団結を新たにした。
大会は県内自治体を巡って開かれ、本市開催は16年ぶり。式典で総裁の大石賢吾知事が「消防団員は地域の誇りであり、なくてはならない存在ということを痛感し、活動に感謝申し上げる。県民が安全安心に暮らせる地域づくりに力添えをいただきたい」などとあいさつ。
また、開催地を代表して篠原一生市長は「複雑多様化、甚大化することが予想される自然災害に対し住民の防災への関心は高い。災害防災は行政の責務ということを念頭に、災害に強いまちづくりに取り組む」とあいさつした。
最後には安川昭彦市消防団長が「郷土愛に輝く伝統ある消防精神と、強固な団結のもと郷土を災害から守り、県民の信頼と負託にこたえることを誓う」と宣言した。
式典では各種表彰や消防音楽隊ハミングバーズの演奏のほか、意見体験発表もあり、壱岐市消防団芦辺地区第1分団班長、篠崎康輔さん(47)が福岡西方沖地震の教訓など述べた(次号に要旨掲載)。

関連記事

  1. 特定外来生物オオフサモ 消防団が除去作業
  2. 「救える命救いたい」 小野ヤーナさんら別府市へ受け入れ支援 市P…
  3. 『文様の美展』開幕。一支国博物館特別企画展
  4. 32年ぶりの日本一達成 全国消防操法大会ポンプ車の部 芦辺地区第…
  5. 重家酒造がミラノ万博に出品 純米大吟醸「横山五十」で世界へ
  6. 県立大が離島フィールドワーク 来夏に学生150人以上が来島 包括…
  7. 壱岐高放送部がグランプリ NCCふるさとCM大賞
  8. 能・狂言を鑑賞、体験 筒城小

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP