地域情報

海にゴミを捨てないで 壱岐海上保安署が劇で呼びかけ

 壱岐海上保安署は海洋環境保全推進月間(5月30日~6月30日)にちなみ20日、郷ノ浦幼稚園(山川恭子園長、54人)で環境教室を開いた。
同保安署巡視艇「いきぐも」の乗組員ら8人が園を訪れ、海洋ゴミの問題を教える内容の紙芝居や劇を行い、園児たちに環境を守る意義などを訴えた。
劇では、海上保安官が演じる「悪いお兄さん」が海岸でゴミを捨てたのを海上保安庁マスコット「うみまる」が発見して懲らしめて、拾って帰るよう指導。コミカルな演技で園児たちは楽しみながら鑑賞していた。
続いて署員の松田圭史さん(34)がプラスチックゴミの実物や投棄された網に絡まったウミガメやアシカの写真を見せながら「海にはいろいろな動物や魚がいて、ゴミを捨てると大きな影響を与えてしまう。ゴミは持ち帰って捨てましょう」と呼びかけた。
牧永和志さん(6)は「海にゴミを捨ててはいけないって思った。うみまる君にやっつけられた悪いお兄さんが倒れるところがおもしろかった」と話した。

関連記事

  1. 副市長に笹原さん選任 地方創生に陣頭指揮
  2. 調整金増額に反対意見続出 市航路対策協議会
  3. 光武病院で通常診療再開。新型コロナ封じ込め成功。
  4. 「市長・議会に任せる」なら賛成、「任せられない」なら反対の考え方…
  5. 6市場連続の歴代最高 平均価格69万6577円
  6. スタントマンが自転車事故疑似体験披露
  7. 長島が小型ポンプ県初優勝。芦辺ポンプ車は全国出場逃す。消防操法県…
  8. 百歳迎え元気いっぱい。大島ミヨ子さんら12人に祝状。

おすすめ記事

  1. ジャガイモ「壱岐黄金」 平人営農組合が収穫祭
  2. 小島神社参道改修の支援募る 田河まち協と氏子会が連携
  3. 守時タツミピアノコンサート 22日 一支国博物館で開催

歴史・自然

PAGE TOP