© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

豪快にマグロ解体ショー 博物館など開館5周年イベント

一支国博物館・王都復元公園・原の辻ガイダンスによる3施設合同の開館5周年記念イベントが14、15日の2日間、開催された。
博物館は平成22年3月14日に開館し、昨年末までに延べ54万人の来館者を記録している。14日は常設展示室を無料開放。今年で3回目となったマグロ解体ショーでは、140㌢、50㌔の壱岐産養殖マグロを、鮮魚店「壱岐のうみ」の調理人が豪快にさばき、その場で鉄火丼、海鮮丼などで格安提供した。
復元公園では周遊散歩、通常は登ることができない「やぐら登り体験」、ガイダンスでは「原の辻記念スタンプづくり」「勾玉つくり・火おこし・干支絵付け」の無料体験など各種イベントが実施され、13日のB’zライブに来島したファンも、壱岐らしさあふれる体験を堪能した。
ダイエー壱岐店1階ギャラリーでは4月5日まで、「一支国博物館5年間のあゆみ」と題した記念パネル展が開催されており、開館から5年間の様々な活動記録を写真で振り返っている。観覧無料。

 

博物館5周年(ダイエー壱岐店で開催中のパネル展)

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20181/5

神社の数「世界一」。ギネスブックに申請。

「神社の密度、世界一」。壱岐島にキャッチフレーズが増えるかもしれない。市はこのほど、本市の新たな魅力発信を目的に、神社の数に関してギネスブッ…

20181/5

壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。

Iki‐Bizがアイデアを提供するのに対して、市ふるさと商社は商品開発にも協力するが、その重点を「掘り起こし」「ブランド化」「販売」に置いた…

20181/5

移住促進に意識改革を。

2018年の壱岐にとって最も重要な施策は「移住」だと思う。「働く場所の確保」「子育て環境の整備」ももちろん重要だが、仕事は特に必要がない年金…

20181/5

Iki‐Bizが壱岐を変える。新商品・サービスに成果。

2018年の本市の地方創生を大きく左右する役割を担っているのが、昨年8月にオープンした壱岐しごとサポートセンター「Iki‐Biz」(郷ノ浦町…

201712/29

壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(68)と盈科小学校交通少年団の9人が22日、壱岐署に手作りの門松1対を寄贈した。綿井さんは門松寄贈を15年以…

ページ上部へ戻る