地域情報

芦辺小解体費など上程 市議会定例会12月会議

市議会定例会12月会議が4日に開会。審議期間を18日までの10日間に決めた。
一般会計補正予算案として、学校法人岩永学園が旧鯨伏中学校を活用して開校予定の「こころ医療福祉専門学校壱岐校(仮称)」に対しての支援として耐震補強工事経費の助成450万円、平成29年4月供用開始を目指している芦辺小学校校舎改築に伴う解体工事費用7440万円、イルカパークの調教スタッフ増員のため手狭となる事務所の増築工事費130万円など、約1億2523万円が盛り込まれた。
上程された議案は13件、要望など3件の計16件。18日に散会を予定している。
行政報告で白川博一市長は、法政大学が取り組むMBA(経営学修士)資格取得を目指す外国人留学生のインターンシップ派遣先として本市が選定され、来年1月から2月にかけて留学生1人の派遣が予定されていることなどを報告した。

 

関連記事

  1. 1年間の豊作を祈願。献穀田お田植え祭
  2. イルカパーク入園者100万人~10月7日、オープン23年目で達成…
  3. 芦辺中建設問題で市教委困惑 6月3日に市民説明会
  4. 現職白川さんが4選果たす。森さんと329票差の僅差。壱岐市長選挙…
  5. 市独自で幅広い業種へ支援金。1事業者当たり20~30万円。前年同…
  6. 低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。
  7. 満開の花を観ながら散策 七変化を楽しむあじさい祭
  8. 台風の農業被害。2憶5千万円超。

おすすめ記事

  1. プレミアム付き商品券 9日まで4庁舎で販売
  2. 本市が北海道東川町と協定 職員派遣で人口増の秘訣探る
  3. 民生委員・児童委員 90人に委嘱状を伝達

歴史・自然

PAGE TOP