地域情報

芦辺小解体費など上程 市議会定例会12月会議

市議会定例会12月会議が4日に開会。審議期間を18日までの10日間に決めた。
一般会計補正予算案として、学校法人岩永学園が旧鯨伏中学校を活用して開校予定の「こころ医療福祉専門学校壱岐校(仮称)」に対しての支援として耐震補強工事経費の助成450万円、平成29年4月供用開始を目指している芦辺小学校校舎改築に伴う解体工事費用7440万円、イルカパークの調教スタッフ増員のため手狭となる事務所の増築工事費130万円など、約1億2523万円が盛り込まれた。
上程された議案は13件、要望など3件の計16件。18日に散会を予定している。
行政報告で白川博一市長は、法政大学が取り組むMBA(経営学修士)資格取得を目指す外国人留学生のインターンシップ派遣先として本市が選定され、来年1月から2月にかけて留学生1人の派遣が予定されていることなどを報告した。

 

関連記事

  1. 新庁舎は「那賀」か「亀石」 総工費試算は27~31億円 市庁舎建…
  2. 壱岐の観光・歴史を視察。博多女子高生徒12人が来島。
  3. 人口2万5千人割り込む。令和2年国勢調査。
  4. 長蛇の列で即完売。壱岐焼酎プレミアム商品券。
  5. 高校野球代替大会。11日壱岐、12日壱岐商。
  6. 壱岐の「 光 」を体験。フランス人アーティスト。
  7. 鼓笛隊セット贈呈式 郷ノ浦幼稚園
  8. 壱岐来島「若者に勇気を」 東京→屋久島 自転車旅の若者2人

おすすめ記事

  1. 筒城浜で心身を鍛錬 剛柔流空手道合同寒稽古
  2. 第10回壱州祭が29日まで開催 高校生による文化芸術祭
  3. 初の定期演奏会開く 市消防音楽隊ハミングバーズ

歴史・自然

PAGE TOP