友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

弥生土器でひな壇 一支国博物館

ひな人形(弥生時代の土器で作られたひな人形) 一支国博物館の1階エントランホールユニークなひな壇が飾られ、来館者の目を楽しませている。
常設展示室入口に飾られた3段10体のひな人形とぼんぼりなどのひな飾りは、いずれ原の辻遺跡から出土した本物の弥生時代の土器に、博物館の女性職員が和紙やフェルト生地で着物を着せた。同博物館ならではひな祭りになっている。
人形はいずれも弥生時代後期の土器で、内裏は長頚壺、雛は甕(かめ)、三人官女は直口壺、脚付甕、壺、五人囃子は土製支脚、甕、壺を、ぼんぼりは器台、鉢などを使用。発掘調査や遺物の実測に使う道具なども装飾に使われている。
展示は3月15日まで。エントランスホールの入場は無料。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20211/17

4日連ぞまで感染者ゼロ=17日市発表

市は17日、午後5時時点で新型コロナウイルス感染者がいなかったと発表した。 行政検査者数はゼロだった。 12月28日以降の累計陽性者56…

20211/16

感染者3日連続ゼロ=市発表

市は16日、午後5時時点で新型コロナウイルス感染者がいなかったと発表した。 行政検査者数はゼロだった。 12月28日以降の累計陽性者56…

20211/15

15日も感染者ゼロ=市発表

市は15日、午後5時時点で新型コロナウイルス感染者がいなかったと発表した。 行政検査者数はゼロだった。 12月28日以降の累計陽性者56…

20211/14

14日の市内感染者はゼロ=14日市発表

市は14日、午後5時までに市内で新型コロナウイルス感染者はいなかったと発表した。 行政検査者数もゼロだった。 12月28日以降の市内感染…

ページ上部へ戻る