スポーツ

海星が九州大会4強 センバツ甲子園出場が濃厚

第137回九州地区高校野球大会(秋季大会)が24日、鹿児島県立鴨池野球場などで始まり、本市出身の小畑翔大外野手(2年、石田中出)が主将を務め、土谷一志投手(2年、郷ノ浦中出)が投手陣の一角を担う海星(長崎第1代表)は、初戦の2回戦興南(沖縄第1代表)を10‐1、準々決勝の臼杵(大分第1代表)を10‐2と、ともに7回コールドで下し、来春のセンバツ出場が濃厚となるベスト4入りを果たした。
▽2回戦
興南
1002000-3
020530X-10
海星
▽準々決勝
臼杵
0000110-2
130330X-10
海星

 

関連記事

  1. 春の叙勲を受章 瀬戸口和幸さん、髙田國行さん
  2. 壱岐-福岡ヨットレース。26艇が郷ノ浦港沖をスタート。
  3. 県高校総体成績 大久保舞香が北九州大会へ
  4. 盈科が全国大会で健闘。高野山旗全国学童軟式野球大会
  5. 壱岐出身2選手が優勝目指す バレーボール・山川賢祐
  6. 議会でタブレット活用 ユーストリーム配信も
  7. 男女とも郷ノ浦Aが優勝。全11区中10区で区間新記録。市中体連駅…
  8. 道下さんが壱岐で合宿。リオの銀メダルを報告。

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP