スポーツ

海星が九州大会4強 センバツ甲子園出場が濃厚

第137回九州地区高校野球大会(秋季大会)が24日、鹿児島県立鴨池野球場などで始まり、本市出身の小畑翔大外野手(2年、石田中出)が主将を務め、土谷一志投手(2年、郷ノ浦中出)が投手陣の一角を担う海星(長崎第1代表)は、初戦の2回戦興南(沖縄第1代表)を10‐1、準々決勝の臼杵(大分第1代表)を10‐2と、ともに7回コールドで下し、来春のセンバツ出場が濃厚となるベスト4入りを果たした。
▽2回戦
興南
1002000-3
020530X-10
海星
▽準々決勝
臼杵
0000110-2
130330X-10
海星

 

関連記事

  1. 壱岐市中体連球技・剣道大会成績
  2. 銀輪疾走 初夏の壱岐路 サイクルフェスタに619人
  3. 春の叙勲を受章 瀬戸口和幸さん、髙田國行さん
  4. 愛知など12チーム参加 一支国ソフトバレー
  5. 川谷勇貴さんらが教室。芦辺ランニングクラブ
  6. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  7. 壱岐高で入会式 ヒューマンハート部
  8. 豊永優(渡良出身)が故郷に錦 王者・群馬に惜敗も3安打投球 長崎…

おすすめ記事

  1. クロカン&トレイル練習会 沼津・小牧崎公園で初開催
  2. 路線バス初山線が運行休止 送る会で運転手に花束贈呈
  3. 訪日客急増の流れに乗る対策を

歴史・自然

PAGE TOP