スポーツ

筒城浜で心身を鍛錬 剛柔流空手道合同寒稽古

剛柔流空手道修練会(久保田恒憲館長)の合同寒稽古が15日、筒城浜、ふれあいセンター体育館で行われ、各町の空手道スポーツ少年団、壱岐高校空手道部の児童・生徒約50人が参加し、気合の入った稽古で寒さを吹き飛ばした。
30年以上続けられている恒例行事で、参加者は道着姿で筒城浜の砂浜でランニングと海へ向かって突きや蹴りなどの基本稽古を行い、心身を清めた。体育館では形の稽古を行い、汗を流した。
久保田館長は「雨で砂浜が緩んでいて、ランニングは体力的にきつかったが、新年にみんなで稽古をすることで、心身ともに新たな気持ちで1年を迎えることができる」と話した。
稽古後は昨年の各少年団の年間努力賞と、全体から1人を選ぶ文武両道賞の表彰などが行われた。文武両道賞は空手道の練習に励みながら漢字能力検定7級、数学検定9級、「島をきれいにしよう」ポスターコンクール優秀賞受賞など文武に活躍した平田樹菜さん(石田小4年)に贈られた。平田さんは「稽古、検定、ポスター制作と忙しかったが、努力を認めてもらえて嬉しかった。空手は1年生から始めて4年目で、形がうまく決まると気持良い。これからも空手、勉強共に頑張っていく」と話した。
休みなく稽古に励んだ年間努力賞は郷ノ浦道場が長岡大空さん(柳田小4年)、石田道場が豊増春陽さん(石田小4年)、芦辺道場が篠﨑冴月さん(芦辺中3年)、勝本道場が松岡羚さん(田河小3年)にそれぞれ贈られた。

関連記事

  1. 雨海、野村が区間賞。県下一周駅伝大会。
  2. 4種目で大会新記録。ナイター陸上競技大会
  3. 国分天満宮奉納相撲 450年の伝統行事
  4. 少年サッカー初の地元大会 壱岐アイランドカップ
  5. 壱岐市卓球選手権春季大会
  6. 庁舎建設中止でも責任追及沸騰 市議会報告会
  7. 4会場で敬老会 70歳以上7598人
  8. 九州大会で揮毫(きごう) 壱岐高2年、山内樹人さん

おすすめ記事

  1. 壱岐にほしいものは? こども選挙委員がワークショップ
  2. 廃棄される焼酎粕、ユズ皮を商品に 生徒たちがアイデア発表 SDGs対話会
  3. 11人が市長特別表彰を受賞 芸術・文化・技能・スポーツで功績 男子ソフトの4人 県選抜で全国優勝

歴史・自然

PAGE TOP