地域情報

1620点が展示 石田町老連作品展

石田老人クラブ(多くの観客で賑わった会場) 石田町老人クラブ連合会(山下正業会長)の作品展が13~15日、石田農村環境改善センターで開催された。
毎年千点以上の作品が展示される盛大なイベントだが、今年は1620点(うち団体作品15点)と過去最大規模となった。ホール内には干支である羊のぬいぐるまを飾ったひな壇、手編みショール・買い物かご・キルトワークなどの工芸作品、生け花・寄せ植え、写真・絵画、健康を祝う千羽鶴など、出品者の思いのこもった作品がズラリと並んだ。
出品者は198人で、このうち41人が80歳以上だった。「石田地区も高齢者が多くなつてきているが、一緒に何かやろう、みんなで教え合って楽しもう、という機運はさらに高まっているように思える」と松嶋幸弘事務局長は会員の総意と連帯の輪の広がりを感じていた。

石田老人クラブ(羊のひな壇を鑑賞する観客)

関連記事

  1. 第2次市総合計画 10月末までに策定
  2. 「子どもたちに夢を」ボートレーサー下條が寄付。
  3. GCは吉井さん生産「けいこ」。和牛共進会は芦辺が席巻。
  4. 海星の壱岐コンビが大活躍 高校野球県大会優勝
  5. 市中体連陸上競技成績
  6. 玄海酒造が36位 焼酎・泡盛売り上げ
  7. 香椎彩香がエリートキャンプ参加 女子サッカーU‐13全国23選手…
  8. GIGAスクール構想。予算案可決で年度内整備。

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP