地域情報

1620点が展示 石田町老連作品展

石田老人クラブ(多くの観客で賑わった会場) 石田町老人クラブ連合会(山下正業会長)の作品展が13~15日、石田農村環境改善センターで開催された。
毎年千点以上の作品が展示される盛大なイベントだが、今年は1620点(うち団体作品15点)と過去最大規模となった。ホール内には干支である羊のぬいぐるまを飾ったひな壇、手編みショール・買い物かご・キルトワークなどの工芸作品、生け花・寄せ植え、写真・絵画、健康を祝う千羽鶴など、出品者の思いのこもった作品がズラリと並んだ。
出品者は198人で、このうち41人が80歳以上だった。「石田地区も高齢者が多くなつてきているが、一緒に何かやろう、みんなで教え合って楽しもう、という機運はさらに高まっているように思える」と松嶋幸弘事務局長は会員の総意と連帯の輪の広がりを感じていた。

石田老人クラブ(羊のひな壇を鑑賞する観客)

関連記事

  1. 初山小が団体戦準優勝。子供自転車県大会
  2. イルカのパルフェが死亡
  3. 県の国境離島交付金事業費、総額54億9千万円を計画。雇用拡充策に…
  4. 作品エピソードなど紹介。「長岡秀星展2」関連行事。
  5. Kokoke Hula、筒城でフラダンス。
  6. 夏の高校野球 壱岐両校2回戦
  7. 県内唯一のビール醸造所。アイランドブリュワリーがオープン。
  8. 販売は計画比107% 第50回JA通常総代会

おすすめ記事

  1. 南方系サンゴが進出 国立環境研究所などの調査で確認 海水温上昇 裏付け
  2. 市がSDGs認定制度創設 初研修会に10人受講
  3. ゴミ71袋分回収  霞翠小ごみゲッツ

歴史・自然

PAGE TOP