© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

クロマツ250本植樹 八幡小緑の少年団

植樹(植樹された250本のクロマツ) 八幡小学校(三根圭子校長、45人)緑の少年団は6日、八幡児童館東側の空き地で、市林業研究同志会、市教育委員会、壱岐振興局などと協力し、全校児童による「松植樹」体験活動を行った。同小緑の少年団は、昨年12月に諫早市で行われた県緑の少年団活動実績発表大会で、最優秀賞の県知事賞を受賞している。
児童らは、地域住民と一緒に八幡半島の自然を守るため、ポスターを住民に配布するなどして協力を求め、地域住民、保護者、海女組合などから約50人が参加。林野庁の事業で250本の松くい虫耐性のクロマツ苗木が届けられたが、わずか30分で植樹が終わった。
片穂野芹奈さん(2年)は「おばあちゃんと一緒に植えられて楽しかった」、鵜瀬一華さん(2年)は「松の木が大きくなるのが楽しみ」と笑顔で話した。植樹(県知事賞獲得の報告を行った6年生)

緑の少年団の6年生4人(松本龍樹、城野孝太、岩永由季哉、片山大起)は県大会について「国体へ向けての花いっぱい運動、道路沿いの水仙植栽、龍泉寺の松調査、葦船づくりなどの体験・研究を発表して県知事賞を頂いた。人間や動物は緑とともに生きていることを学んだ」と報告。松植樹については「250本のあったのですごく時間がかかると思っていたが、みんなの協力であっという間に終わった。僕たちの活動が地域の人たちに支えられていることを改めて感じた」と感謝の気持ちを表した。

植樹(植樹したクロマツの前で記念撮影)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

20192/15

堀江貴文さんとIki-Biz森センター長が対談イベント。地方の豊かな可能性を説く。

実業家の堀江貴文さん(46)とIki‐Bizの森俊介センター長(34)が11日、壱岐の島ホールで対談イベント「これからの地方の可能性」(Ik…

20192/8

今年も合宿オーディション。BiSHメンバーも参加。

昨年3月に本市で行われた芸能事務所WACK(東京都)の合宿オーディションが、今年も3月24日から30日まで、本市で開催されることが同事務所か…

20192/8

明石市長問題で考えること。

市職員に対しての暴言で辞職した兵庫県明石市の泉房穂前市長の話題がテレビのワイドショーで大きく取り上げられ、ネットでも様々な意見が噴出している…

ページ上部へ戻る