地域情報

壱岐拠点を郷ノ浦に開設 ベンチャー企業AHGS

教育ベンチャー企業AHGS(アーグス、本社・東京都、早川諒代表取締役)がこのほど、郷ノ浦町に壱岐拠点を開設した。東京(3か所)、沖縄、フィリピン・セブ島に続いて同社にとって6か所目の拠点となった。

同社は教育とBPO受託業務(専門業務の外部委託請負)を主に展開しており、これまでセブ拠点を中心に日本向けインバウンド・アウトバウンド事業、通訳事業、海外向けコールセンター事業などに取り組んできた。だがコロナ禍でセブ島との往来が難しくなり、国内での事業展開により注力するために、国内の新たな拠点づくりを目指していた。

早川代表(38)は「場所を探して何か所か回っていたところ、1年前に壱岐に出会った。自然、食材、文化など島が豊かなことはもちろんだったが、温かい人が多く快く迎え入れてもらえたことに感動したことが決め手だった。日本の魅力を再発見した。この素敵な島の魅力を多くの人に知ってもらい、壱岐の活性化に一翼を担いたいと思った」と壱岐進出を決めた。

壱岐拠点ではコールセンター運営、「離島net」のサイト運営、離島移住サポート、壱岐留学の開催の4部門に取り組む。「コールセンターは東京から連れてきたスタッフを含め現在5人ですでに運営しているが、今後は壱岐に移住する人や、壱岐の地元の人を雇用して差し当たり20人規模、将来的には100人規模にしたい」と人口増加、島内経済活性化に取り組んでいく。

移住者には住居(シェアハウス)を準備し、渡航費や引っ越し費用なども負担。正社員は月給20万円以上、アルバイトは自給1200円以上と、東京並みの賃金体系も導入する。

早川代表は「離島留学もまずはキャンプ形式で英語、IT、動画制作などのスキルを提供するプロジェクトを、コロナが落ち着いたらスタートさせたい。ゆくゆくは長期的な留学も考えている。壱岐を応援する企業になることを目指している」と意欲を語った。

関連記事

  1. 50年に1度の大雨。寺の本堂が全壊。
  2. 本市で県市議会議長会。JF新船建造要望など採択。
  3. 下條雄太郎が両高校に寄付「壱岐の高校生に夢の実現を」
  4. 子牛平均価格82万3千円 11市場連続の歴代最高更新
  5. 壱岐市教職員人事
  6. ケーブルテレビ移行が合意。ID・パスワードなど変更なし(但し、利…
  7. 壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団
  8. 山本氏が無投票で再選 県議会議員選挙壱岐市選挙区

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP