© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

百歳到達者は17人 知事、総理大臣表彰

百歳(百歳の表彰を受けた山川さん)今年度中に百歳に到達する市内在住の17人に対して、県、国からの表彰が19日から順次、各戸を回って行われている。
19日は壱岐振興局・松尾明彦局長が勝本町の市特別養護老人ホームを訪問し、17人中唯一の男性である山川光之さんに知事祝状と長寿祝金(5万円)、内閣総理大臣祝状と記念品(銀杯)を贈呈した。
安倍晋三総理大臣からの祝状を手渡された山川さんに気持ちを聞くと、満面の笑顔で何度もうなずいた。
長男の山川泰博さん(65)は「父は自動車の免許を持っていなかったので、家のある諸吉から芦辺浦へ90歳まで自転車で買い物に出掛けていたほど足腰が丈夫です。家業はアオノリの養殖をしているのですが、91歳まで一緒に漁に出ていました。今年3月から特養ホームでお世話になっていますが、それまで病院にかかったことがほとんどなかったほどです。100歳まで元気でいたいといつも話していたので、この表彰を本当に喜んでいます」と気持ちを代弁した。
◆百歳到達者(2人は希望により氏名非公表) ▽郷ノ浦町=浦幸子、小山シズ、深見壽●子、福原フジノ、豊島ハツ、鵜飼八代子、平尾シズ▽勝本町=松永マス子、中田キミ、末永スナ、西川ヨシノ、山川光之▽芦辺町=吉谷登志子、佐野アヤ子、春内ユイ(敬称略)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20181/5

神社の数「世界一」。ギネスブックに申請。

「神社の密度、世界一」。壱岐島にキャッチフレーズが増えるかもしれない。市はこのほど、本市の新たな魅力発信を目的に、神社の数に関してギネスブッ…

20181/5

壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。

Iki‐Bizがアイデアを提供するのに対して、市ふるさと商社は商品開発にも協力するが、その重点を「掘り起こし」「ブランド化」「販売」に置いた…

20181/5

移住促進に意識改革を。

2018年の壱岐にとって最も重要な施策は「移住」だと思う。「働く場所の確保」「子育て環境の整備」ももちろん重要だが、仕事は特に必要がない年金…

20181/5

Iki‐Bizが壱岐を変える。新商品・サービスに成果。

2018年の本市の地方創生を大きく左右する役割を担っているのが、昨年8月にオープンした壱岐しごとサポートセンター「Iki‐Biz」(郷ノ浦町…

201712/29

壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(68)と盈科小学校交通少年団の9人が22日、壱岐署に手作りの門松1対を寄贈した。綿井さんは門松寄贈を15年以…

ページ上部へ戻る