地域情報

内海湾振興会ら、小島神社周辺を清掃。

壱岐内海湾振興会(鵜瀬守会長)、田河ABC(田河集落の活性化を目的とした有志グループ)のメンバー、JA田河青年部の42人が14日、芦辺町の小島神社周辺の清掃ボランティア活動を行った。

同神社の参道や鳥居周辺には多数のガラス破片、発泡スチロール、さびた金属類などが散在しており、駐車場や周辺道路も含め、約1時間半の活動でビニール袋10袋のごみを回収した。

鵜瀬会長は「近年は小島神社への参拝客が多い。日本遺産に指定されている豊かな内海湾の環境保全や美化活動に、地域団体・企業、同神社の氏子らと一緒におもてなしの心で取り組めたことに意義がある。今後も年1回は実施して、きれいな小島神社で参拝者、観光客をお迎えしたい」と話した。

関連記事

  1. 初出品で銀メダル獲得 重家酒造の横山五十
  2. 「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。
  3. 高校生の文化芸術祭。壱州祭20日まで開催。
  4. 石ころアートと菓子・パン店がコラボ 「よみがえった石コロたち展」…
  5. ATR機導入を検討。ORC日野社長が言及。
  6. 子どもたちのパレードが復活 第57回勝本港まつり
  7. ハイジャック訓練実施 6機関が連携を確認
  8. 3人が一日海上保安官 海難防止を呼びかける

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP