地域情報

広瀬組を表彰 振興局優秀工事

優秀工事(優秀工事表彰を受けた広瀬組・広瀬社長(中央)ら) 平成25年度完成箇所優秀工事の壱岐振興局長表彰が17日に行われ、郷ノ浦町の築出迎(つきだしむかえ)地区急傾斜地崩壊対策工事(2工区)の工事を行った株式会社広瀬組の広瀬守孝社長(74)に、松尾明彦局長から賞状などが贈られた。
同地区は郷ノ浦町の市街地に位置し、保全対象の63戸(同工区は7戸)を含む高さ28㍍、勾配45度の急傾斜地。昭和45年に急傾斜地崩壊危険区域に指定され、対策工事を実施済みだったが、施設の老朽化により小崩落を繰り返し、人家に被害が及んでいる状況だった。
松尾局長は「県振興局発注の65件の中から、他の模範となる工事を選出した。広瀬組の工事はコンクリート品質に細やかな配慮がなされていた」と表彰理由を説明した。
広瀬組の担当工区は以前のコンクリート吹付がもろくなっている上、岩盤ももろく、工事には細心の注意と高い技術が必要だった。現場責任者の森村裕彦さん(59)は「効率は悪いが危険を伴うので、安全第一に工事を行った。傾斜地でコンクリートが詰まらないように配合を変えたり、ポンプ車が届かない部分は郷ノ浦大橋から60~70㍍の配管を行ってコンクリート敷設を行うなど工夫した」と工事の苦労を語った。

関連記事

  1. 秋の夜空に2千発 壱岐島ふるさと花火
  2. 空港滑走路延長には難色、後継機にATRを検討。壱岐市から県知事要…
  3. 壱岐在住2人も感動スピーチ。外国人による日本語弁論大会
  4. 遼東系銅釧(腕輪)、原の辻で国内初出土。
  5. 長岡秀星さんが死去 世界的イラストレーター
  6. マグロ漁を2か月間自主規制 壱岐・対馬漁師が資源確保に決断
  7. 猿岩と一体でPR。福山雅治さん動画。
  8. 壱岐高ヒューマンハート部でSクラブ入会式

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP