文化・芸術

しゃぼん玉ショーに歓声 一支国博物館でGWイベント

一支国博物館のゴールデンウィークイベントとして4月29日、屋上展望広場で「しゃぼん玉アートパフォーマンス」が行われ、多くの子どもたちや家族連れで賑わった。
福岡県を拠点に全国各地でイベント活動を行っているしゃぼん玉師・しゃーぼんぼんさん(本名・佐藤優也さん=43=)が初来島。専用の道具を使って大小さまざまなサイズや、煙を吹き込んで白いしゃぼん玉などを作り、観客席に飛ばした。子どもたちは飛んでくるしゃぼん玉に手を伸ばし、割ったり、掴まえようとしたりするなど、大いに盛り上がった。
佐藤さんは「きょうは風が強かったので、しゃぼん玉には最も厳しい条件だった。それでも披露する技を変更するなどして、何とか対処でき、喜んでもらえて良かった。壱岐の子どもたちは体全体で喜びを表現してくれて、とても励みになった。しゃぼん玉はすぐに割れてしまうものだが、子どもたちの記憶の中に残り続けてくれたら嬉しい。安全で環境に優しい、どんな条件でも楽しめる、日本一しゃぼん玉液づくりを目指している」と話した。

関連記事

  1. 弥生人の生活伝える石製品 原の辻ガイダンスで企画展
  2. 牧山空未さん(盈科5年)が最優秀賞 県まちづくりの絵コンクール
  3. 家族の歴史たどり自費出版 「両親の思い記録に」 勝本浦の松尾さ…
  4. 守時タツミピアノコンサート 30日 一支国博物館で開催
  5. 8月19日 壱岐の島ホールで無料コンサート 15歳の歌手、東亜樹…
  6. 宮中献穀へ「播種祭」 今年は郷ノ浦町で栽培
  7. 壱岐実行委が設立 R7ながさきピース文化祭
  8. 昭和~平成の記憶辿る 勝本地区公民館で写真展

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP