文化・芸術

第10回壱州祭が29日まで開催 高校生による文化芸術祭

一支国博物館で17日、第10回壱州祭が始まった。29日まで。入場無料。
壱岐高校と壱岐商業高校の文化部の生徒たちがともに創り上げる文化祭で、壱岐高は美術部9点、書道部9点、写真部7点、東アジア歴史中国語コース(歴史学専攻2年)、ヒューマンハート部、科学部が各1点、壱岐商業高校美術倶楽部(有志)が2点を展示している。
壱岐高美術部は第53回県高校美術展に9人全員が出展し、デザイン部門で安永七海さん(2年)が優秀賞を獲得し、7月29日から鹿児島県で開かれる全国高校総文祭に推薦されたのをはじめ、優良賞2人、入選6人の結果を出した。今回はその9作品がすべて展示されている。
同校写真部も県高校総文祭写真展で1人が佳作に入賞、東アジア歴史・中国語コースの「『神宿る島』壱岐の信仰について~歴史的変遷と特異性~」の研究論文は第16回全国高校生歴史フォーラムで応募総数78編のうち上位5編の優秀賞に選出されており、それらの展示も観賞できる。
壱岐高校放送部・吹奏楽部、壱岐商業高校壱州荒海太鼓部・吹奏楽部によるステージ部門の発表は、29日午後1時から同館3階屋上庭園・多目的ホールで3年ぶりに開かれる。

関連記事

  1. 宮中献穀へ「播種祭」 今年は郷ノ浦町で栽培
  2. 60年の歴史に幕 壱岐「島の科学」研究会が解散
  3. 石田納涼夏祭りが廃止 半世紀以上の伝統行事
  4. ゲストハウスに巨大壁画 仁太郎さんが2か月かけ制作
  5. 海洋ゴミからイキサウルス 造形アーティストの石田さん
  6. 手で刷る写真ワークショップ 滞在中のYoshiokaさんが開催
  7. 鬼は外!福は内! 博物館で子どもたちが豆まき
  8. 和太鼓集団「風舞組」が30周年 記念公演に約4百人が来場

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP