文化・芸術

和太鼓集団「風舞組」が30周年 記念公演に約4百人が来場

壱州荒海太鼓「風舞組」(中上良二代表)の30周年記念公演が4月20日、壱岐の島ホールで開かれ、約4百人の聴衆が迫力ある太鼓演奏を堪能した。
風舞組は1992年に結成。94、95年には米国オレゴン州ポートランドで開かれた「ローズフェスティバル」に2年連続で出場。2006年には韓国での日韓交流文化祭で演奏するなど、海外、国内で幅広い演奏活動を続けている。また後継者の育成、生涯学習の推進を図るため小中学生や地域婦人会への太鼓指導など、地域に根差した活動にも取り組んでいる。
この日の公演は風舞組の「壱州荒海太鼓」の勇壮な演奏で開幕し、子どもたちでつくる「風舞組ジュニア」、「壱岐商業高校壱州荒海太鼓部」の地元太鼓クラブに加えて、風舞組と以前から親交が深い諫早市の「西方小天鼓」、「琉球國祭り太鼓」の長崎支部のメンバーらも客演し、5チームで約60人の演者が計17曲を演奏。風舞組は他に「風雅」「海 」、佐渡の太鼓芸能集団「鼓童」から提供を受けた新曲「春風」を演奏した。アンコールでは全チームが「壱州荒海太鼓」を合奏し、「琉球國祭り太鼓」の「琉球獅子舞」も加わり、30周年を盛大に祝った。
中上代表は「多くの人に来場して頂き、力以上のものを発揮できた。交流のあった西方さん、琉球さんにも来て頂いて素晴らしい演奏で盛り上げてくださり、感謝している。風舞組にも若いメンバーが入ってきてくれているし、ジュニアもしっかりと練習をしている。40年、50年と続けられるように頑張っていきたい」と話した。

関連記事

  1. 串山ミルメ浦遺跡 元は海 原の辻ガイダンス発掘速報展
  2. 弥生人の生活伝える石製品 原の辻ガイダンスで企画展
  3. 「老松山壱岐安国寺展」開幕 一支国博物館で1月8日まで
  4. 中嶋悠樹さん(鯨伏6年)が3年連続最優秀 中永那奈美さん(那賀3…
  5. 27、29日にNHK長崎で放送 市民が提案する壱岐の魅力
  6. 家族の歴史たどり自費出版 「両親の思い記録に」 勝本浦の松尾さ…
  7. 大輪に歓声、出店も復活 壱岐の島夜空の祭典
  8. 壱岐大大神楽勇壮に 住吉神社で奉納

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP