地域情報

イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

 勝本浦の空き家・移住相談窓口「イエマチ」の建物を壁画で彩る「勝本浦彩りプロジェクト」が16日にあり、勝本小学校(増田光明校長、72人)の3年生11人が壁画に挑戦した。
建物は市所有。より多くの人に地域の魅力を知ってもらおうと、移住定住促進担当の地域おこし協力隊、長澤みずきさん(35)や同浦まちづくり協議会が企画し、同校の総合的な学習の授業の一環として行われた。
今回は12月に続いて第2回目の実施。初回に続き芦辺町在住の画家、コガワ健太さん(37)の手ほどきを受けながら、子どもたちは油性ペンキを含ませた筆を走らせた。
壁画のテーマは「海の生き物」。児童が考えたマグロやタコ、イルカなどのデザインを横約18㍍の建物の壁の部分に描いた。
「かっこいいからマグロを描いた」という石山沙和さんは「カクカクした尖ったところは丁寧に描いた。賑やかで楽しくなった」と笑顔。また、大好きなイルカを描いた下條杏奈さんは細かなところは指で直接描いた。「(下描きから)はみ出さないように気を付けた。きれいにできて嬉しい」と満足した様子だった。
コガワさんは「完璧な出来で想像以上のものができた。子どもの想像力は無限だと感じた」と感心していた。
長澤さんは「ここは勝本浦の玄関口で、(この絵を見て)観光客の方も地元の方も明るい気持ちになってもらえたら」と期待を込めた。

関連記事

  1. 割石前団長が急きょ辞任~新消防団長に岩永章さん。若者に魅力ある消…
  2. 国境離島新法 条文案を了承
  3. 壱岐市マグロ資源を考える会・中村稔会長がクローズアップ現代出演
  4. 大学進学率は13市中5番目 27年度学校基本調査
  5. 中学生議員が一般質問。市子ども議会を開催。
  6. 中村知事が滑走路延長に否定的見解。壱岐市から県知事要望。
  7. 自衛隊艦艇での避難は中止 玄海原発事故想定防災訓練
  8. 国内初、3遺跡が集結 国特別史跡弥生集落3大遺跡展 一支国博物館…

おすすめ記事

  1. 自然農法のアイガモを放鳥 原の辻さなぶりの祭り
  2. 壱岐警察署で初イベント 白バイ試乗、音楽隊演奏
  3. 筒城浜の景観保全 筒城小児童らが除草

歴史・自然

PAGE TOP