地域情報

ツルの北帰行がピーク 数百羽が羽休め

 鹿児島県出水市で冬を過ごしたツルの北帰行がピークを迎えている。気温が上昇した18日夕方、深江田原や夕部新田などに降り立つ数百羽のマナヅルの群れが見られた。出水市ツル博物館「クレインパークいずみ」の北帰行情報によると、17日と18日でマナヅルが770羽、ナベヅルが5220羽飛び立っており、その群れの一部が本市に立ち寄ったものと見られる。
野鳥を観察している壱岐自然塾の永村春義代表は「北帰行に適した上昇気流が弱く、鹿児島からの途中で羽休めに降りたのでは」と見ている。

関連記事

  1. 原の辻にテレワークセンター。今月末仮オープン、7月本格稼働。
  2. 3選出馬の白川市長に一問一答
  3. 議決を忘れ陳謝 高規格救急車購入
  4. クロカン&トレイル練習会 沼津・小牧崎公園で初開催
  5. 中原康壽副市長が辞任。異常事態続く壱岐市、久間総務部長は長期休暇…
  6. 壱岐島移住ガイドブック発行。表紙応募作品はイオンで展示。
  7. 猛毒ヒョウモンダコ 芦辺漁港で3尾発見
  8. 桜と共演、満開に 半城湾のチューリップ

おすすめ記事

  1. 環境大臣表彰を市長に報告 市地球温暖化防止対策協議会 地域環境保全功労者表彰受賞
  2. 7月1日壱岐焼酎の日 一斉に乾杯イベント
  3. 横山社長「水素エネルギーで酒造り」 重家酒造100周年式典で表明

歴史・自然

PAGE TOP