地域情報

ツルの北帰行がピーク 数百羽が羽休め

 鹿児島県出水市で冬を過ごしたツルの北帰行がピークを迎えている。気温が上昇した18日夕方、深江田原や夕部新田などに降り立つ数百羽のマナヅルの群れが見られた。出水市ツル博物館「クレインパークいずみ」の北帰行情報によると、17日と18日でマナヅルが770羽、ナベヅルが5220羽飛び立っており、その群れの一部が本市に立ち寄ったものと見られる。
野鳥を観察している壱岐自然塾の永村春義代表は「北帰行に適した上昇気流が弱く、鹿児島からの途中で羽休めに降りたのでは」と見ている。

関連記事

  1. 第3次市総合計画案を答申。タイトルは「壱岐、誇り」。
  2. GCは吉井さん生産「けいこ」。和牛共進会は芦辺が席巻。
  3. 国境離島新法とは
  4. 9人目の地域おこし協力隊員。いきっこ留学担当・大森さん。
  5. ユニークな婚活取り組み。アワードで本市を表彰。
  6. 「壱岐の未来に貢献したい」 成人式で誓い新た
  7. 白川市長が初登庁 訓示で市職員にげき
  8. 焼酎樽でプランター。はなⅰらんど。

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP