地域情報

原田酒造が初仕込み。県内唯一のクラフトビール醸造所。

県内唯一のクラフトビール醸造所、原田酒造(原田知征代表取締役)の「アイランドブリュワワリー」は3月24日から仕込みを始めた。今後、週1回のペースで仕込み、4月下旬に同社初のビールが誕生する予定。

同社は明治21年創業。日本酒と焼酎を製造してきたが、昭和59年に同社を含む6蔵で壱岐焼酎協業組合(現壱岐の蔵酒造)となり、単独での製造をやめていた。

原田さん(45)は同酒造5代目として、地元活性化を目指してクラフトビールの製造を決意し、蔵をビール醸造所に改装。3月16日付けで発泡酒製造免許を取得し、製造に向けて準備してきた。

製造には当面、北海道にクラフトビール醸造所を開業予定の株式会社Knot(富良野市)のヘッドブリュワー、小林祐也さんらがサポートする。

初日は、原田さんがタンクに麦芽を入れて麦汁を作り、発酵タンクへ移した。麦芽には隠し味として壱岐焼酎に使う白麹も加えた。麦汁は1週間から10日ほど発酵させ、その後熟成させるという。9月まで飲食店向けの樽で販売するが、それ以降は瓶詰めも行う。

現在の計画では7種のビールを造る予定で、蔵内に設けたカウンターで飲むこともできる。

原田さんは「うれしいの一言。麦芽を入れる時は緊張しました。壱岐の人に喜んでもらえるビール造りをして、街を明るく照らす存在になれれば」と話した。

関連記事

  1. 驚愕の平均価格8・9%増。アフターコロナ見えた子牛市場。2年4か…
  2. 江戸時代末の壱岐と比較 一支国博物館で「壱岐名勝図誌展」開幕
  3. 長岡秀星さんが死去 世界的イラストレーター
  4. 野焼きは必ず届け出を!。林野火災多発中。
  5. 色とりどりの「さつき展」芦辺町文化協会盆栽部 
  6. 関ブロ 落選、ケーブルTVも指定管理変更へ。熊本・光ネットワーク…
  7. 市に消費生活センター設置 商取引トラブルに対応
  8. 原の辻にテレワークセンター。今月末仮オープン、7月本格稼働。

おすすめ記事

  1. 壱岐市がグランプリ受賞 脱炭素チャレンジカップ
  2. 弥生人の生活伝える石製品 原の辻ガイダンスで企画展
  3. 市の総合計画って何? 策定前に市民有志が勉強会

歴史・自然

PAGE TOP