地域情報

原田酒造が初仕込み。県内唯一のクラフトビール醸造所。

県内唯一のクラフトビール醸造所、原田酒造(原田知征代表取締役)の「アイランドブリュワワリー」は3月24日から仕込みを始めた。今後、週1回のペースで仕込み、4月下旬に同社初のビールが誕生する予定。

同社は明治21年創業。日本酒と焼酎を製造してきたが、昭和59年に同社を含む6蔵で壱岐焼酎協業組合(現壱岐の蔵酒造)となり、単独での製造をやめていた。

原田さん(45)は同酒造5代目として、地元活性化を目指してクラフトビールの製造を決意し、蔵をビール醸造所に改装。3月16日付けで発泡酒製造免許を取得し、製造に向けて準備してきた。

製造には当面、北海道にクラフトビール醸造所を開業予定の株式会社Knot(富良野市)のヘッドブリュワー、小林祐也さんらがサポートする。

初日は、原田さんがタンクに麦芽を入れて麦汁を作り、発酵タンクへ移した。麦芽には隠し味として壱岐焼酎に使う白麹も加えた。麦汁は1週間から10日ほど発酵させ、その後熟成させるという。9月まで飲食店向けの樽で販売するが、それ以降は瓶詰めも行う。

現在の計画では7種のビールを造る予定で、蔵内に設けたカウンターで飲むこともできる。

原田さんは「うれしいの一言。麦芽を入れる時は緊張しました。壱岐の人に喜んでもらえるビール造りをして、街を明るく照らす存在になれれば」と話した。

関連記事

  1. 原の辻で炬火採火式 大型マイギリで火を起こす 長崎がんば らんば…
  2. 命名「はじめ」「あお」 イルカパークのオス2頭
  3. 亡夫が15年間見守った灯火。千代ヶ瀬灯標監視を妻が継続。灯台の日…
  4. 中国から2団体 インバウンド着々
  5. ファウンテック社員旅行 5度目の壱岐を満喫
  6. コロナ検査気軽に 検査キット自販機設置
  7. 総会に170人参加 東海壱岐の会
  8. 假屋崎省吾さん来島 壱岐王様バナナをPR

おすすめ記事

  1. 自然農法のアイガモを放鳥 原の辻さなぶりの祭り
  2. 壱岐警察署で初イベント 白バイ試乗、音楽隊演奏
  3. 筒城浜の景観保全 筒城小児童らが除草

歴史・自然

PAGE TOP