政治・経済

壱岐LCと協定 災害時ボランティアで市

市と壱岐ライオンズクラブ(日髙大輔会長22人)は12月21日、災害ボランティアに関する協定を締結した。
市が災害ボランティア協定を結ぶのは40団体目。協定により、市は災害の発生時や復旧時に同クラブ会員に、高所作業車や発電機など必要な資機材の提供してもらえるようになった。また、同クラブが資機材の提供を円滑に行えない場合は、壱岐、対馬、福岡地域のクラブを運営する国際ライオンズクラブ「337―A地区」に支援を要請でき、広域支援が行われる。
市役所であった締結式で白川博一市長は「資機材だけでなく情報の収集が可能となり、災害時に重要である被害状況の確認、情報伝達に大きく寄与するもので、防災体制強化に期待している」、日髙会長は「壱岐市と連携しながら頑張っていく所存で、今後ともよろしくお願いします」などと述べた。

関連記事

  1. アスパラ3億円突破 中村知事も祝福に来島
  2. 平均価格さらに6万5千円減 壱岐家畜市場8月子牛市
  3. 石田さん、下條さんに辞令 地域おこし協力隊
  4. 郷ノ浦町坪触の県道一部トンネルに 来年度中完成へ
  5. バナナ園内にカフェ 観光農園にリニューアル
  6. 国への情報提供今期見送り 防衛省レーダーに影響あり
  7. 市がSDGs認定制度創設 初研修会に10人受講
  8. 副市長に中上総務部長が就任 「豊富な行政経験と卓越した見識」 篠…

おすすめ記事

  1. 自然農法のアイガモを放鳥 原の辻さなぶりの祭り
  2. 壱岐警察署で初イベント 白バイ試乗、音楽隊演奏
  3. 筒城浜の景観保全 筒城小児童らが除草

歴史・自然

PAGE TOP