政治・経済

「これからの離島留学検討委員会」 県が関係3市とともに設置 20日に第1回会議 市長、教育長出席

県教育委員会は13日、定例会議を開き、県の離島留学制度を利用して壱岐高校に在籍していた茨城県出身の男子生徒(17)が行方不明となった後に死亡が確認された事案を受け、同制度を検討する「これからの離島留学検討委員会」(委員13人)を設置することを発表した。第1回会議は20日、県庁で開かれる。同委員会には離島留学を実施している対馬、壱岐、五島3市の市長、教育長が委員として参加。また3市はそれぞれ検討部会を設け、委員会と連携して課題を検証していく。同委員会の設立は、本市選出の鵜瀬和博県議らが「課題解決には県と市町が連携し、縦割り教育行政を解消する必要がある」と県教委、知事部局に働きかけて実現した。

関連記事

  1. 県議補選は一騎討ちへ 説明会に2陣営出席
  2. 民生委員・児童委員 90人に委嘱状を伝達
  3. 循環型社会、マッチングアプリ… 構想続々 SDGs対話会始まる…
  4. 国際認証B Corp取得 芦辺町の㈱Colere
  5. 国への情報提供今期見送り 防衛省レーダーに影響あり
  6. 「公的支援の状況で具体的判断」 九州郵船が高速船更新に言及 1隻…
  7. ATR42型2機の導入計画 総額68億円、5年度運航へ ORC後…
  8. たわわに実り初収穫 壱岐王様バナナ

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP