政治・経済

「これからの離島留学検討委員会」 県が関係3市とともに設置 20日に第1回会議 市長、教育長出席

県教育委員会は13日、定例会議を開き、県の離島留学制度を利用して壱岐高校に在籍していた茨城県出身の男子生徒(17)が行方不明となった後に死亡が確認された事案を受け、同制度を検討する「これからの離島留学検討委員会」(委員13人)を設置することを発表した。第1回会議は20日、県庁で開かれる。同委員会には離島留学を実施している対馬、壱岐、五島3市の市長、教育長が委員として参加。また3市はそれぞれ検討部会を設け、委員会と連携して課題を検証していく。同委員会の設立は、本市選出の鵜瀬和博県議らが「課題解決には県と市町が連携し、縦割り教育行政を解消する必要がある」と県教委、知事部局に働きかけて実現した。

関連記事

  1. 「イルカパーク水質に問題なし」 飼育環境などを市議に説明
  2. 循環型社会、マッチングアプリ… 構想続々 SDGs対話会始まる…
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル
  4. 「壱州人辞典」冊子に 協力隊藤木さんらがお披露目
  5. 当初予算案241億9千万円 昨年度から8・0%の大幅増
  6. 平均価格8年ぶりに60万円割れ 壱岐家畜市場10月子牛市は大幅下…
  7. 県議補選は一騎討ちへ 説明会に2陣営出席
  8. 音嶋議員が発言撤回も物議 指定管理者に「不動産ころがし」

おすすめ記事

  1. 壱岐にほしいものは? こども選挙委員がワークショップ
  2. 廃棄される焼酎粕、ユズ皮を商品に 生徒たちがアイデア発表 SDGs対話会
  3. 11人が市長特別表彰を受賞 芸術・文化・技能・スポーツで功績 男子ソフトの4人 県選抜で全国優勝

歴史・自然

PAGE TOP