政治・経済

重家酒造の日本酒など台湾へ進出 「壱岐を知ってもらえるきっかけに」

石田町の重家酒造株式会社(横山雄三代表取締役)は今月から、主力商品の日本酒「よこやま超辛7」など4商品を台湾で販売する。
はせがわ酒店(東京)と台湾の大手リース会社「チャイリースホールディング」の共同設立会社で、主に日本酒の卸業を担う会社「JLK SAKE STUDIO」を通じて販売する。
同酒造はこれまで、中国、韓国、アメリカ、ヨーロッパ数か国などに商品を輸出してきた。台湾に関しては日本酒杜氏の横山太三専務取締役(50)が7年前から飲食店を巡るなどして市場を調査してきており、今回は念願の販路拡大となった。
19日にはJLKが主催して台湾台北市のホテルで飲食業関係者向けの試飲会を開き、約3百人が来場。横山社長らが日本酒や壱岐焼酎、クラフトジンを紹介した。
関税や輸送費の関係で、台湾の消費者に届く時には、四合瓶の日本酒商品が日本の3倍以上の1万円ほどになるが、それでも売れていることから「台湾の勢いを感じた」(横山専務)という。
今期は1200本を販売予定だが、将来的には1万2千本に拡大したい考え。横山専務は「輸出によって、壱岐の島を知ってもらうきっかけになれば。インバウンドがさらに増え、壱岐を訪れていただけたら」と期待を寄せている。

関連記事

  1. たわわに実り初収穫 壱岐王様バナナ
  2. 焼酎で本県をPR 「長崎の変」壱岐の蔵酒造
  3. 天然サザエでクラムチャウダー 若宮水産が品評会ダブル受賞
  4. 壱岐市がグランプリ受賞 脱炭素チャレンジカップ
  5. 株式会社リキタスと協定締結 14団体目のエンゲージメントパートナ…
  6. フォロワー倍増 壱岐ファン増に貢献 地域おこし協力隊 髙田、田…
  7. 賛成多数で可決 認定こども園補助金
  8. 壱岐東部漁協らに水産庁長官賞 浜の活力再生プラン優良事例表彰 サ…

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP