政治・経済

大石県知事が本市を行政視察 「壱岐はポテンシャルが高い」 「壱岐を語る会」で 市民と意見交換

 大石賢吾知事(41)が2~3日、本市を行政視察に訪れた。本市視察は2022年4月の知事就任後、同年11月以来2度目。午前8時過ぎに壱岐空港に到着すると、コワーキングスペース・クロスポート武生水、木造4階建ての睦モクヨンビル、2次離島医療に携わる光武内科循環器科病院、花卉農家のソラーレ、保険業務を扱うNHS壱岐コールセンター、日本酒造りにも取り組む重家酒造、勝本町漁協が運営するカフェ・ヒヨリミテラス、市が運営する空家相談室・イエマチの各所を精力的に回った。2日夜は壱岐の島ホールで「大石賢吾長崎県知事と壱岐を語る会」(同島民有志の会主催)に出席し、知事が掲げる「新しい長崎県づくり」について語った。

関連記事

  1. 新型機到着、7月から運航開始へ ORC導入のATR42‐600型…
  2. 「OMOYA GIN」 品評会洋酒部門で金賞
  3. 「壱岐黄金」収穫 志原地区で収穫祭
  4. 眞鍋副市長を再任 2期目、任期は4年
  5. 国への情報提供今期見送り 防衛省レーダーに影響あり
  6. 日本郵便と協働体制構築を締結 社員1人を2年間本市に派遣
  7. 未利用魚の価値化など 「壱岐なみらい研究所」市職員らが研究発表
  8. ボトルデザインは須田正己さん 海神グループが焼酎発売

おすすめ記事

  1. ジャガイモ「壱岐黄金」 平人営農組合が収穫祭
  2. 小島神社参道改修の支援募る 田河まち協と氏子会が連携
  3. 守時タツミピアノコンサート 22日 一支国博物館で開催

歴史・自然

PAGE TOP