政治・経済

壱岐地区代表牛14頭を選考 メーン6区は弁慶3産子 7月7日 県選考会

5年に1度の「和牛のオリンピック」、第12回全国和牛能力共進会(10月6~10日・鹿児島県霧島市、南九州市)へ向けて、壱岐地区代表牛選考会が17日、芦辺町の壱岐家畜市場で開かれ、種牛の部の2、3、4、6区に計33頭が出品された。この中から選考された壱岐地区代表牛14頭(2区2頭、3区3頭、4区4頭、6区5頭)と補欠3頭が、7月7日に平戸市の長崎平戸口中央家畜市場で開かれる鹿児島全共県代表牛選考会に出場する。

関連記事

  1. 10人以上での会食も容認 10月29日から人数制限解除
  2. 民生委員・児童委員 90人に委嘱状を伝達
  3. 篠原さんが激戦制し初当選 出口さんに1074票差 壱岐市長選挙 …
  4. 市長選で子ども選挙実施へ 実行委が選挙委員募集
  5. 「イルカパーク水質に問題なし」 飼育環境などを市議に説明
  6. 昨年比140人減 子どもの数 壱岐は2727人
  7. 壱岐LCと協定 災害時ボランティアで市
  8. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所…

おすすめ記事

  1. ジャガイモ「壱岐黄金」 平人営農組合が収穫祭
  2. 小島神社参道改修の支援募る 田河まち協と氏子会が連携
  3. 守時タツミピアノコンサート 22日 一支国博物館で開催

歴史・自然

PAGE TOP