政治・経済

大石知事に10項目を要望 磯焼け対策のブルークレジットに協力姿勢 滑走路延長は 費用面で難色

壱岐市から県への要望活動が11日に行われ、白川博一市長が10項目の要望書を大石賢吾知事に提出した。白川市長はそのうち▽空港整備▽再生可能エネルギーの導入促進に向けた支援▽磯焼け対策に関する支援の拡充の3点について主旨を説明し各種支援を求めた。その中でブルーカーボンクレジット申請に対する支援を求めた磯焼け対策に関して、大石知事は「磯焼け対策に非常に有効な取り組みと考えている。藻場に関する情報提供等の支援、協力をしていく」と前向きな姿勢を見せた。だが、滑走路の延長を求めた空港整備についてはこれまで通り財政的問題から難色を示したほか、洋上風力発電の導入促進向けて市外漁業関係者への理解促進を求めた要望には「まず地元市が中心となって関係者の理解醸成、調整をお願いしたいと考えている」とした。【要望の各項目の要旨は4面に掲載】

関連記事

  1. 壱岐LCと協定 災害時ボランティアで市
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. イルカ購入を巡り議会が紛糾 2頭購入、1頭借用に1128万円 予…
  4. 株式会社リキタスと協定締結 14団体目のエンゲージメントパートナ…
  5. 一般会計当初予算238億6500万円 市長選控え骨格予算で1・3…
  6. プレミアム付き商品券 9日まで4庁舎で販売
  7. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所…
  8. 平均価格さらに6万5千円減 壱岐家畜市場8月子牛市

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP