政治・経済

たわわに実り初収穫 壱岐王様バナナ

芦辺町の株式会社コスモファーム(住吉節子代表取締役)が栽培する「壱岐王様バナナ」が収穫期を迎え、5日に初の収穫を行った。

同社は2020年11月から栽培。ハウス内には150株が並び、収穫期を迎えた株では、幹から伸びた枝から約20㌢の実が2百本ほどたわわに実った。

この日は幹から収穫した後、1~2本ごとに切り分けた。1週間ほど温度や湿度を管理した状態で熟成させて出荷される。

園では今後、実った分から順次収穫していき、年内に2万本の収穫を見込んでいる。現在は予約受付分の贈答用を出荷中で、価格は1箱(5~7本入り、1㌔、送料・税込み)で1万2千円。島内は1万1千円(同)。将来的には1本での販売や観光農園も予定している。

住吉代表(56)は、「9月の収穫を予定していたが、(長雨などで)5か月延びて皆で心配していたが、神様にお礼を言いたいくらい嬉しい。茎は焼酎にでき、葉には栄養が豊富にある。壱岐の中で手を携えて試行錯誤して商品にしていきたい」と話した。

水や温度、栄養などの管理を担当し、無農薬栽培のため、5㍉ほどの害虫を1匹ずつ駆除してきた白石彪雅さん(22)は収穫に喜びもひとしお。「収穫ができ嬉しく、安堵の気持ちです」と笑顔で語った。

また、初めての収穫にあたり、同社応援団長の華道家、假屋崎省吾さんは東京から「誠におめでとうございます。収穫を楽しみにしておりました。ますます頑張っていっぱい収穫をしていただきたいです」とメッセージを寄せた。

購入予約は同社ホームページやFAX(0920‐40‐0757)から可能。

関連記事

  1. 5~7月は3ゾーンへ 九州郵船の燃油調整金
  2. 人面石クッキーに新味 夏季限定ミネラル5選
  3. 九州市議会議長会に2議案提出 本市で県市議会議長会臨時総会
  4. 大石知事に10項目を要望 磯焼け対策のブルークレジットに協力姿勢…
  5. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル
  6. 今季初のインフルエンザ感染者 コロナとの同時流行を懸念 県内の第…
  7. 賛成多数で可決 認定こども園補助金
  8. 高さ16㍍の屋上から紅白餅まき 11日に睦モクヨンビル棟上げ

おすすめ記事

  1. 長岡美桜さん(壱岐高2年)が最優秀賞 県高校総体ポスター図案に採用 自身が取り組む やり投げの図案
  2. ワカメ大きく育って 三島小児童が養殖体験
  3. 政治家・候補の立看板撤去を

歴史・自然

PAGE TOP