スポーツ

大会ロゴ 国生み神話をイメージ 神々の島壱岐ウルトラマラソン

 神々の島壱岐ウルトラマラソン2023(10月21日開催)の実行委員会(清水修委員長)はこのほど、大会ロゴデザインを決定し発表した。
デザインは芦辺町在住の画家、コガワ健太さん(36)が実行委から委託を受けて制作した。作品名は「天比登都柱(あめのひとつばしら)」。古事記の国生み神話をもとに、中央に浮かんだ壱岐島の上に銅矛が大胆に描かれている。
矛を包む紙垂(しで)の二重らせんは、過去から未来への遺伝子の継承を意味し、その形は古来から豊作を意味する稲妻を表し、同時に素早く走るランナーも表現している。
壱岐島の周りには観光名所や特産品が所狭しと描かれ、後ろの8本の光は八柱伝説を意味しており、大会名の「神々の島」を彷彿とさせている。今後、大会ホームページやTシャツデザインなどに活用される。
大会の出場申し込み締め切りは7月21日で、問い合わせなどは実行委(市観光課内☎0920‐48‐1130)。

関連記事

  1. 福原(郷ノ浦)が2冠 県中総体陸上競技
  2. 初山小は10位 子ども自転車県大会
  3. 岩本親子がファミリー3連覇。壱岐の島新春マラソン大会
  4. 離島甲子園で本市が準優勝。全国離島交流中学生野球大会
  5. 壱岐高ヒューマンハート部でSクラブ入会式
  6. 壱岐Jrが全国6位の快挙。竹下紘夢(渡良)が18人抜き。全国小学…
  7. 霞翠が6年ぶり地元勢V。市長旗玄界灘親善少年軟式野球大会
  8. 芸術の秋、牧山立誠さん(盈科小5年)が殊勲 応募1580点から最…

おすすめ記事

  1. 壱岐にほしいものは? こども選挙委員がワークショップ
  2. 廃棄される焼酎粕、ユズ皮を商品に 生徒たちがアイデア発表 SDGs対話会
  3. 11人が市長特別表彰を受賞 芸術・文化・技能・スポーツで功績 男子ソフトの4人 県選抜で全国優勝

歴史・自然

PAGE TOP