政治・経済

市議会が政務活動費を初導入 会派議員1人当たり月1万円 市議会定例会 6月会議閉会

市議会定例会6月会議は6月28日、最終本会議を開き、総額9億291万5千円の本年度一般会計補正予算案など6議案、発議2件を原案通り可決、報告2件を承認、陳情1件を採択、要望3件を不採択として散会した。2件の議員発議では、10月から議会の会派に対して議員1人当たり1か月1万円(年額上限12万円)の議会政務活動費を交付することと、佐賀県玄海町が文献調査の受け入れを受諾した高レベル放射性廃棄物の最終処分場を設置しないことなどを求める意見書を佐賀県知事、玄海町町長へ提出することを決めた。

関連記事

  1. 西村明宏環境大臣が本市来訪 白川市長らと脱炭素の意見交換 フグ養…
  2. 眞鍋副市長を再任 2期目、任期は4年
  3. 壱岐上空遊覧を満喫 ORC創立60周年記念
  4. 長澤みずきさんを任命 地域おこし協力隊
  5. ボトルデザインは須田正己さん 海神グループが焼酎発売
  6. 市長が新庁舎建設に言及 「この4~5年で道筋をつける」 市議会6…
  7. 企業版ふるさと納税に感謝状 1千万円寄附のファウンテック
  8. 国際認証B Corp取得 芦辺町の㈱Colere

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP