政治・経済

いきっこ留学改善を承認 運営委員会で検証続ける 10月1日から 新年度募集

 壱岐市いきっこ留学制度運営委員会(委員長・長岡信一市社会教育委員会委員長)の第1回会議が9月27日、壱岐島総合開発センターで開かれ、委員12人、臨時委員2人が出席。9月3日に県教委の「これからの離島留学検討委員会」がまとめた「壱岐事案についての検証結果及び『離島留学制度』改善に向けての報告書」の内容を受けて、壱岐市のいきっこ留学の改善策について議論。事務局が提示した大きく4点についての改善策案を承認し、新たな体制で10月1日から令和6年度いきっこ留学生の募集を開始することを決めた。12月中旬の第2回会議で6年度入学生の受け入れ審査、来年2月下旬の第3回会議で改善策を踏まえた制度運営の検証を行う。

関連記事

  1. 小金丸議員が2度目の議長就任 赤木議員は2年ぶりに副議長 議長選…
  2. 「これからの離島留学検討委員会」 県が関係3市とともに設置 20…
  3. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所…
  4. バナナ園内にカフェ 観光農園にリニューアル
  5. 人面石クッキーに新味 夏季限定ミネラル5選
  6. 九州郵船が創立百周年祝賀会 白川市長ら300人が出席
  7. ボトルデザインは須田正己さん 海神グループが焼酎発売
  8. 今季初のインフルエンザ感染者 コロナとの同時流行を懸念 県内の第…

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP