政治・経済

イルカ購入を巡り議会が紛糾 2頭購入、1頭借用に1128万円 予算案可決も 課題は山積

市議会定例会9月会議の予算特別委員会が22日に開かれ、壱岐イルカパーク&リゾートに新たに3頭のイルカ(2頭購入、1頭借用)を導入するために一般会計補選予算案に盛り込まれたイルカパーク管理費(1128万円)に関して5人の議員が発言。「この5年間で6頭、今年は2頭のイルカが死亡した死因究明ができていない中での新たな導入は、同じ失敗を繰り返すのでは」など意見が相次ぎ、議会が紛糾した。山口欽秀議員はイルカパーク管理費について予算執行の凍結を求める動議を提出。採決の結果、賛成3人で否決され、同予算案は原案通り可決されたが、今後の同パークの運営にはこれまで以上に厳しい目が向けられることになりそうだ。

関連記事

  1. 市がSDGs認定制度創設 初研修会に10人受講
  2. CO2吸収量 36・6㌧分売れる 磯焼け対協のJブルークレジット…
  3. 藻場のCO2吸収量、クレジットに 三島、渡良周辺で繁茂の海藻約1…
  4. 民生委員・児童委員 90人に委嘱状を伝達
  5. 大石知事に10項目を要望 磯焼け対策のブルークレジットに協力姿勢…
  6. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  7. 2議案を可決 市議会予算特別委
  8. 5~7月は3ゾーンへ 九州郵船の燃油調整金

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP