政治・経済

藻場のCO2吸収量、クレジットに 三島、渡良周辺で繁茂の海藻約150㌶ Jブルー クレジット

 壱岐周辺海域の藻場回復に取り組む市磯焼け対策協議会(会長・白川博一市長)は、磯焼け対策で回復した海藻が吸収する二酸化炭素量をクレジットとして取引できる「Jブルークレジット」の申請準備を進めている。今月中に同クレジットを発行するジャパンブルーエコノミー技術研究組合(JBE)=神奈川県横須賀市=に申請する予定で、登録、販売が実現すれば、壱岐での藻場回復への取り組みの周知に加え、活動資金を得ることで更なる活動への弾みになることが期待されている。

関連記事

  1. 「公的支援の状況で具体的判断」 九州郵船が高速船更新に言及 1隻…
  2. 山田勝彦衆議が国政報告会 「島民以外も航路運賃低廉化を」 岡田克…
  3. 「これからの離島留学検討委員会」 県が関係3市とともに設置 20…
  4. 当初予算案241億9千万円 昨年度から8・0%の大幅増
  5. 市がSDGs認定制度創設 初研修会に10人受講
  6. 白川市長が次期市長選不出馬を表明 後継として現役市職員に立候補の…
  7. バナナ園内にカフェ 観光農園にリニューアル
  8. 第3区代表牛に「かの」号 第12回全国和牛能力共進会

おすすめ記事

  1. 自然農法のアイガモを放鳥 原の辻さなぶりの祭り
  2. 壱岐警察署で初イベント 白バイ試乗、音楽隊演奏
  3. 筒城浜の景観保全 筒城小児童らが除草

歴史・自然

PAGE TOP