歴史・自然

神秘的な光のすじ 西の空に「漁火光柱」

1月29日夜、壱岐島西側の空に光の柱が複数出現し、神秘的な光景を作り出した。
「漁火光柱(いさりびこうちゅう)」と呼ばれる現象で、海上の漁火が上空の氷の結晶に反射して光の柱が浮かんだように見える。上空に氷の結晶があることや無風であることなど、複数の条件が揃わないと起きない珍しい現象という。
この日は20本以上の柱が浮かび、軒先や道脇に車を止めて眺める市民の姿も見られた。

関連記事

  1. 国内3例目の鉄の轡 久保頭古墳から発見
  2. 海面へ一直線 大型海鳥 カツオドリ
  3. 自然農法のアイガモを放鳥 原の辻さなぶりの祭り
  4. やっぱりいた! 谷江川にアユ
  5. 一部白化も新たな個体確認 環境省サンゴ礁を調査
  6. オシドリの県下一斉調査 県民鳥 湖面でのんびり
  7. 庭園で偶然発見の「からわけ」 博物館講座で河合副館長が解説
  8. タンス湾の畔で 桜の花開く

おすすめ記事

  1. 環境大臣表彰を市長に報告 市地球温暖化防止対策協議会 地域環境保全功労者表彰受賞
  2. 7月1日壱岐焼酎の日 一斉に乾杯イベント
  3. 横山社長「水素エネルギーで酒造り」 重家酒造100周年式典で表明

歴史・自然

PAGE TOP