歴史・自然

陸生ヒメボタル 木陰でひっそり 限定的に生息 勝本町新城神社周辺

勝本町の新城神社周辺でヒメボタルが飛び、幻想的な景色を作り出している。

風物詩となっている市内各所で乱舞するホタルは、水生のゲンジボタルで水辺に生息する。ヒメボタルは陸生で水辺に限らず山の中などに生息する。現在のところ同神社周辺のみで確認されている。

ヒメボタルはゲンジボタルに比べ、発光の間隔が短く、細かく瞬いているように見える。光の色もゲンジボタルの黄緑色に比べて黄色い。

7日には、午後7時半頃から森の中でひっそりと発光をはじめ、8時過ぎには同神社の社叢林や周辺の道脇の薮から無数の光が見られた。

関連記事

  1. 韓半島東南部から対馬経由で持ち込みか 原の辻遺跡の国内初例 馬…
  2. 軽石が一部海岸に漂着 小笠原諸島の海底噴火から10か月 船舶は注…
  3. 神秘的な光のすじ 西の空に「漁火光柱」
  4. 地鎮祭の跡も? 発掘現場で説明会 埋文センター
  5. 本県、国内シェア99% 古代の石鍋を展示
  6. オシドリの県下一斉調査 県民鳥 湖面でのんびり
  7. 黒崎などのサンゴ礁を調査 国立環境研究所など
  8. 本物の人面石展示 一支国博物館

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP