社説

説明責任を果たすことが重要。

早いもので今年も11月を迎えた。少し気が早いが、今年1年間の政治を振り返ってみると「モリカケ問題」に終始していた印象がある。新内閣が発足してもいまだにくすぶり続けていて、さすがにうんざりとしてくる。国民の生活に直接は関係がないことなのにこれだけ問題がこじれたのは、首相、政府、当該業者が毅然とした態度で説明責任を果たしていなかったからではないだろうか。問題発覚直後から真しに説明をしていれば、ここまで尾を引くことはなかっただろう。

「説明責任」は地方の政治でも、民間企業でも重要なことだ。民間企業に義務はないが、その会社の信頼性を維持・増大させるためには必要不可欠な措置であるし、公共事業を請け負っていたり、トップが公の業務に携わっていればなおさらだ。行政に関しては言うまでもない。地方都市は規模が小さいほど噂話が一気に広がる。全てを隠し通すことはできないし、間違った話でも尾ひれが付いて広まっていく。そうなったら行政も民間企業も、市民からの信頼が失墜してしまう。

説明責任を果たさない理由としてよく使われる言葉に「警察の捜査中」「公判中」などがある。もちろん捜査や裁判に重要な影響がある事実は公にできないケースもあるが、それはごく一部のことではないだろうか。説明をしたくがないために「捜査」「裁判」の単語を出したり、「弁護士の指示」を強調したりしているようにも見えてしまう。また、自らの考えを主張することは、捜査や裁判以上に重要な「人権」であり、捜査機関がそれを阻止することはできないはずだ。

行政も民間企業も、市民と強い信頼関係で結びつき、一体となって取り組んでいかなければ、いまの地方の危機を克服することはできない。公の立場にある人、公の仕事をする業者などは、市民が少しでも不安、不審に思っていることがあるのなら、自ら進んで説明責任を果たしていくことが、困難克服の第一歩となるはずだ。

関連記事

  1. 食育推進に給食の活用を。
  2. 本質を見極める目が必要。
  3. 壱岐の宣伝部長の手腕に期待。
  4. 滞在型観光もコンセプトが大事
  5. 壱岐にスマートシティを
  6. 離島留学に陸上競技コースを。
  7. 社説・観光客の立場でサービス強化を
  8. 社説・壱岐郵船の参入は良い緊張関係で

おすすめ記事

  1. プレミアム付き商品券 9日まで4庁舎で販売
  2. 本市が北海道東川町と協定 職員派遣で人口増の秘訣探る
  3. 民生委員・児童委員 90人に委嘱状を伝達

歴史・自然

PAGE TOP