友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20223/28

国内3例目の鉄の轡 久保頭古墳から発見

芦辺町湯岳興触の久保頭(くぼがしら)古墳から、国内でも珍しい鉄製轡(くつわ)が発見されたことが20日、わかった。同日開かれた一支国博物館の特別講座「壱岐島発掘速報」で、市教委社会教育課の田中聡係長が説明した。田中係長によると、「複環状鏡板付轡C類」に分類されるもので、国内では群馬、京都に次いで3例目と見られ、作り方の特徴は韓国南部の伽耶(かや)地域のものと類似しているという。田中係長は「韓国南部の特徴があり、京都との中間にある壱岐で見つかったことは貴重」としている。詳細は今月中に発掘調査報告書にまとめられる。

久保頭古墳は令和2年度の古墳に登録され、本年度調査が行われてきた。直径14㍍の円墳の可能性が高い。内部は盗掘などによって荒らされ、副葬品の大半は失われたと見られるが、鉄製轡のほか、須恵器、土師器、鉄の刀、鎌、金銅製耳環などが見つかっている。出土品などから6世紀末に築造されて8世紀の初めまで祭祀が行われていたと見られている。

また、田中係長は「南側には9世紀後半から11世紀末に官衛(国府)として利用された興触遺跡があり、久保頭古墳は官衛として機能する以前の興触遺跡を残した集団の有力者が埋葬された可能性が高い」と推察している。

講座ではこのほか、同課の松見裕二係長が郷ノ浦町の車出遺跡について説明。本年度調査した田ノ上の調査区(120平方㍍)から5万8795点の遺物が出土し、そのうち約3万点が赤く塗られた丹塗り土器で、大規模な祭祀が継続的に行われていたことなど説明。また、大量に見つかっている石製のクド石には、表面を削る「斫(はつ)り」が施されており、鉄器を使った加工を行い、石工の技術が進んでいたことを説明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20225/23

ホタルが乱舞 今年も見頃早めか

今年もホタルの乱舞が始まった。13日は郷ノ浦町平人触公民館近くで午後7時半頃から川べりにホタルの光が見え始めた。市内のホタル初見はほぼ昨年と…

20225/23

災害危険箇所を調査 ―避難誘導を再確認―

壱岐署(藤永慎哉署長)と市、壱岐振興局、地元住民代表は2日、梅雨期を控えて石田町久喜触今井崎地区など市内4か所で災害危険箇所実地調査を行った…

20225/23

「救える命救いたい」 小野ヤーナさんら別府市へ受け入れ支援 市PTA連合会が 支援金を寄付

市PTA連合会(柴山琢磨会長)は13日、ウクライナの現地民への支援や日本への避難を支援している本市のNPO法人「Beautiful Worl…

20225/16

「壱州人辞典」冊子に 協力隊藤木さんらがお披露目

市地域おこし協力隊のメンバー5人が壱岐の住民にスポットを当てて紹介する「壱州人辞典」で、紹介された住民がこのほど目標の百人に達し、一冊の冊子…

ページ上部へ戻る