歴史・自然

北帰行のマナヅル 2泊の羽休み

北帰行の途中で羽休めをするツルの群れが13日朝、石田町の夕部新田で見られた。
前日夕方に降り立ったマナヅルと見られ、約70羽が雨が降る中、熱心に虫を食べたり毛繕いをするなどして、残りの旅に向けて準備していた。
この日は北風が強く、北帰行できないと判断したのか、昼を過ぎても飛び立つことはなく、もう一泊して翌14日午前に北の空へ飛び立った。

関連記事

  1. オシドリの県下一斉調査 県民鳥 湖面でのんびり
  2. 一部白化も新たな個体確認 環境省サンゴ礁を調査
  3. 判明!!日本最古のイエネコの骨 「カラカミ遺跡」遺構から発掘 1…
  4. 原の辻古代米刈り入れ祭 子どもたちが石包丁体験
  5. 黒崎砲台解体の写真など 原の辻ガイダンスで展示
  6. 市内最大「山川家のエノキ」 台風の強風で折れる
  7. 鎮信鳥居を見物 博物館がバスツアー
  8. 自然農法でアイガモを放鳥 原の辻さなぶりの祭り

おすすめ記事

  1. クロカン&トレイル練習会 沼津・小牧崎公園で初開催
  2. 路線バス初山線が運行休止 送る会で運転手に花束贈呈
  3. 訪日客急増の流れに乗る対策を

歴史・自然

PAGE TOP