歴史・自然

北帰行のマナヅル 2泊の羽休み

北帰行の途中で羽休めをするツルの群れが13日朝、石田町の夕部新田で見られた。
前日夕方に降り立ったマナヅルと見られ、約70羽が雨が降る中、熱心に虫を食べたり毛繕いをするなどして、残りの旅に向けて準備していた。
この日は北風が強く、北帰行できないと判断したのか、昼を過ぎても飛び立つことはなく、もう一泊して翌14日午前に北の空へ飛び立った。

関連記事

  1. 壱岐では338羽 オシドリ県下一斉調査
  2. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示…
  3. 陸生ヒメボタル 木陰でひっそり 限定的に生息 勝本町新城神社周辺…
  4. 元寇の痕跡求めて 壱岐高生が樋詰城跡を発掘
  5. 自然農法のアイガモを放鳥 原の辻さなぶりの祭り
  6. 妻ヶ島・衣通姫神社で例大祭 鳥居を新築、神社由来看板設置
  7. 市内最大「山川家のエノキ」 台風の強風で折れる
  8. 本物の人面石展示 一支国博物館

おすすめ記事

  1. 環境大臣表彰を市長に報告 市地球温暖化防止対策協議会 地域環境保全功労者表彰受賞
  2. 7月1日壱岐焼酎の日 一斉に乾杯イベント
  3. 横山社長「水素エネルギーで酒造り」 重家酒造100周年式典で表明

歴史・自然

PAGE TOP