友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20216/14

作品エピソードなど紹介。「長岡秀星展2」関連行事。

一支国博物館で開催中の「長岡秀星展2」に関連して6日、河合恭典副館長が講師を務める壱岐学講座「長岡秀星展を語る」とギャラリートークが行われ、壱岐学講座には約60人、ギャラリートークには10人が参加した。

講座では長岡さんの人柄、作風や、長岡さんの同窓生や親族に聞き取りした壱岐で過ごした学生時代のエピソードを披露した。ギャラリートークでは展示中の約60点の作品の鑑賞の仕方や「アース・ウィンド・アンド・ファイアーズのアルバムジャケット『太陽神』の中には『風林火山』の文字が隠れている。ザ・シルバーズの『ニューホライズン』のメンバーの顔は画像が埋め込まれているのではないかと言われている」などのエピソードを紹介した。

河合副館長は「長岡の作品は画集でも見ることができるが、ぜひ博物館で原画を間近で見てもらいたい。長岡の異常とも思えるような精巧さ、ち密さや、奥行き、つややかさなどは原画でなければ味わえない。長岡の作品は大半を株式会社なかはらが所有し、壱岐高校にも所蔵がある。まさに壱岐の宝で、いずれは長岡の常設展示ができれば嬉しい」と話した。
「長岡秀星展2」は13日まで開催。入場無料。ギャラリートークは11日午後7時、12日午前10時、午後7時からも開催される。参加料は無料で予約の必要はない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202210/3

竹下が27年ぶり大会新で優勝 福原も九州大会出場決める

陸上競技の県高校新人大会が16~18日、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で開かれ、壱岐高から25人、壱岐商から8人が出場した。 県高…

202210/3

昭和~平成の記憶辿る 勝本地区公民館で写真展

昭和初期からの勝本浦の風景や人々の暮らしを写真でたどる「勝本浦の昭和・平成の記憶写真展」が勝本地区公民館で開かれている。入場無料で10月上旬…

202210/3

一部白化も新たな個体確認 環境省サンゴ礁を調査

長期的視点で生態系の変化を観察する「モニタリングサイト1000」のサンゴ礁調査が25日、本市海域で行われた。 国内の生態系の変化を観察し、…

20229/19

都道府県対抗中学バレー 県選抜に 郷ノ浦3年、松山凌大さん

第36回全国都道府県対抗中学バレーボール大会(12月25~28日、大阪市)に出場する県選抜選手に、郷ノ浦3年、松山凌大さんが選出された。本市…

ページ上部へ戻る