友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20216/14

作品エピソードなど紹介。「長岡秀星展2」関連行事。

一支国博物館で開催中の「長岡秀星展2」に関連して6日、河合恭典副館長が講師を務める壱岐学講座「長岡秀星展を語る」とギャラリートークが行われ、壱岐学講座には約60人、ギャラリートークには10人が参加した。

講座では長岡さんの人柄、作風や、長岡さんの同窓生や親族に聞き取りした壱岐で過ごした学生時代のエピソードを披露した。ギャラリートークでは展示中の約60点の作品の鑑賞の仕方や「アース・ウィンド・アンド・ファイアーズのアルバムジャケット『太陽神』の中には『風林火山』の文字が隠れている。ザ・シルバーズの『ニューホライズン』のメンバーの顔は画像が埋め込まれているのではないかと言われている」などのエピソードを紹介した。

河合副館長は「長岡の作品は画集でも見ることができるが、ぜひ博物館で原画を間近で見てもらいたい。長岡の異常とも思えるような精巧さ、ち密さや、奥行き、つややかさなどは原画でなければ味わえない。長岡の作品は大半を株式会社なかはらが所有し、壱岐高校にも所蔵がある。まさに壱岐の宝で、いずれは長岡の常設展示ができれば嬉しい」と話した。
「長岡秀星展2」は13日まで開催。入場無料。ギャラリートークは11日午後7時、12日午前10時、午後7時からも開催される。参加料は無料で予約の必要はない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20221/17

雲一つない初日の出 博物館に観望客百人

一支国博物館屋上芝生広場、展望室で1日、新年恒例の初日の出観望会が行われた。新型コロナの第6波が全国的に拡大しているため、島外からの初日の出…

20221/17

「挑戦し続けます」 成人式で誓い新た

市成人式が9日、壱岐の島ホールであり、新成人の対象者261人のうち230人が出席。成人としての誓いを新たにした。 式では白川博一市長が…

20221/17

地鎮祭の跡も? 発掘現場で説明会 埋文センター

県埋蔵文化財センターはこのほど、本年度発掘調査現地説明会を原の辻遺跡北側の閨繰(みやくり)地区近くの調査現場で開いた。 市民約30人が…

20221/3

壱岐署玄関に門松寄贈 綿井さんと盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(71)と盈科小学校交通少年団のメンバーらが24日、壱岐警察署に手作りの門松1対を寄贈。玄関前に飾った。 …

ページ上部へ戻る