地域情報

芦辺港高速船乗り場 4月1日からターミナル南へ

芦辺港のジェットフォイルの発着場所が、4月1日午前7時55分発から同港ターミナルビル南側岸壁に変更となる。発券所も現在の平屋の第2ターミナルから、フェリーと同じターミナルに移り、発券所と乗船場所が一元化される。
移転に伴う工事は、県が長さ35㍍の浮桟橋や既存の堤防に追加する形で110㍍の導流堤を新設するなど、国の補助を受けて約11億1500万円かけて整備してきた。
なお、周辺駐車場は引き続き県と市が検討しており、今後整備される。

関連記事

  1. 災害危険箇所を調査 ―避難誘導を再確認―
  2. 「知ることが自分の心の成長」読書感想文最優秀の寺井さん。
  3. 資源回復には産卵期漁獲規制を 市マグロ資源を考える会総会
  4. 郷ノ浦は65人出席 自治公民館長会議
  5. プレミアム商品券再度発行へ。6月会議上程議案を発表。
  6. ドイツ人が壱岐体験。日独スポーツ少年団同時交流事業。
  7. 外務省から人材支援が決定 副市長か幹部職員で2年間常勤 国の地方…
  8. 「助けて!」の訓練。壱岐署が防犯教室。

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP