地域情報

全国大会向け練習終盤 壱岐商壱州荒海太鼓部

全国高等学校総合文化祭「紀の国わかやま総文2021」の郷土芸能部門(8月3~5日)に出場する壱岐商業高校の壱州荒海太鼓部(町田智也部長、24人)が本番に向け、練習に励んでいる。

同部は昨年11月の県高校総合文化祭「しおかぜ祭」で金賞を受賞。2007年以来2回目の全国大会出場を決めていた。本年度は新たに1年生が9人入部。そのうちの3人も全国大会に出場する予定。

7月上旬、部室から響く太鼓の音が校内に響いていた。

町田部長は「まだまだ練習が必要」と引き締める。「全体的に士気が上がり切っていない。個々の技術もまだ満足いくものではない」。

町田部長は太鼓を叩く1年生の所へ行き、腕の位置を少し上げるよう指示する。同部には顧問の教諭はいるが、技術的な指導者はおらず、生徒が代々、技術を継承している。

卒業生が指導に訪れることもあり、「それぞれ、あれがいい、これがいいとなることもある。専門の指導者がいない中で(先輩の指導は)大きい」と話す。「いきなり全体で合わせるのは難しい。(太鼓の種類で分かれた)パートごとに一体感を持たせ、それから全体を完成させたい」と意気込む。

町田部長の胸の内には複雑な心境もある。代々引き継いできた同部のオリジナル曲「SUNRISE~壱岐のあけぼの」。先の県大会で演奏し、07年に先輩が金賞を獲った曲でもある。

基本に忠実を意識しているが「曲は変わらないが、その年その年の曲調があり、それがいい面でもあるが、(先輩の時と)同じ指導者がいるわけではなく、何が正解かわからない。自分が言っていることが正解なのか―」と自問自答。「緊張もあるが、今までやってきたことを出し切りたいと思う」と前を向く。秘めた思いを胸に〝答え〟を探す練習が続いている。

郷土芸能部門には58校が出場予定で、同部は4日の3番目、午前10時頃に演奏する予定。

関連記事

  1. 壱岐島移住ガイドブック発行。表紙応募作品はイオンで展示。
  2. 26年観光客延数は53万6千人 前年比4・0%の減少
  3. 1年間の豊作を祈願。献穀田お田植え祭
  4. ウニキャラの名前変更
  5. 「スカイ」と「みらい」。イルカ2頭の名前決まる。
  6. 壱岐から最優秀に2人選出。県読書感想文コンクール
  7. 県内出土の石製品 オープン収蔵庫で展示
  8. 瓦質土器に「周」の線刻。カラカミ遺跡で国内初発見。

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP