地域情報

いけすの部品?。実はネコザメの卵。

芦辺町の料理店、鮨割烹曽根のいけすにいるネコザメが卵を産み、来店客が興味津々に見入っている。

ネコザメは観賞用に2月から3匹いけすに入れていた。大将の眞竹耕輔さん(29)が1か月ほど前にいけすの掃除をしようとしたところ、底にドリルの先のような黒い物体を発見。はじめは設備の部品が落ちているのかと思ったが、触ると少し柔らかく、調べるとネコザメの卵だった。自然界で潮流に流されないように、ドリルのような形をしているとみられる。

眞竹さんは「孵化するまで見守って、飼おうかと思います。お客さんや子どもたちに喜んでもらえたら」と話した。

関連記事

  1. 第1期生14人が入学(インド・ネパール留学生8人)。こころ医療福…
  2. 平均57万3427円 6月子牛市も高値
  3. 芦辺中は校舎新築へ 白川市長が考え示す
  4. 5百個のキャンドルで偲ぶ 郷ノ浦精霊流しに540人
  5. 団長に江口由真さん 26年度交通少年団
  6. 中国語コンテスト暗誦部門で7連覇 壱岐高の離島留学生
  7. 10%プレミアム商品券を発行 地域おこし協力隊2人増員 白川市長…
  8. 壱岐高卒業生の旅立ちが舞台 オロナミンC動画が公開

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP