地域情報

いけすの部品?。実はネコザメの卵。

芦辺町の料理店、鮨割烹曽根のいけすにいるネコザメが卵を産み、来店客が興味津々に見入っている。

ネコザメは観賞用に2月から3匹いけすに入れていた。大将の眞竹耕輔さん(29)が1か月ほど前にいけすの掃除をしようとしたところ、底にドリルの先のような黒い物体を発見。はじめは設備の部品が落ちているのかと思ったが、触ると少し柔らかく、調べるとネコザメの卵だった。自然界で潮流に流されないように、ドリルのような形をしているとみられる。

眞竹さんは「孵化するまで見守って、飼おうかと思います。お客さんや子どもたちに喜んでもらえたら」と話した。

関連記事

  1. 能・狂言を鑑賞、体験 筒城小
  2. 壱岐署に門松寄贈 盈科小交通少年団ら
  3. 女子の制服にスラックスを追加 防寒、防犯対策で壱岐商業高校
  4. 本年度から36億円減、総額236億7千万円を計上。新年度一般会計…
  5. 堀江貴文さんとIki-Biz森センター長が対談イベント。地方の豊…
  6. ゆずボ~ロ 24、25日に四季菜館で試食販売
  7. GCは吉井さん生産「けいこ」。和牛共進会は芦辺が席巻。
  8. マグロに合う本格麦焼酎。玄海酒造「TUNACHU」。

おすすめ記事

  1. クロカン&トレイル練習会 沼津・小牧崎公園で初開催
  2. 路線バス初山線が運行休止 送る会で運転手に花束贈呈
  3. 訪日客急増の流れに乗る対策を

歴史・自然

PAGE TOP