© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20144/11

ソフト(力投した芦辺・松本) 小学生ソフトボールの今季開幕戦となる第8回九州電力杯市小学生ソフトボール大会が6日、大谷グラウンド専用球場で、4チームが参加して開催された。
ともに初戦を猛打で圧勝した初山ファイターズと芦辺レッドパワーズによる決勝は、初回から目が話せない点の奪い合いとなった。
1回表初山は、まだ制球が定まっていない芦辺のエース・松本一の球を見極め、2四球とエラーで1死満塁のチャンスをつかむ。5番日高捺はライト超えのタイムリーで2点を先制した。
芦辺も負けていない。1回裏に機動力を生かしてゆさぶりをかけ、1死二三塁から内野ゴロ間に1点。5番井本七はジャストミートで左前タイムリーで同点。さらに2死一三塁から一走の松本一が盗塁し、送球間に三走井本七が本塁を陥れるディレードスチールで逆転した。
2回表の初山は村部駿の右前タイムリーで同点に追いついたものの、3回裏に芦辺が1死二三塁から松本一の中前タイムリーで2点を挙げて再び突き放し、4回裏の攻撃中に時間切れ(70分間)。5‐3で優勝を決めた。
芦辺・井本幸彦監督は「レギュラーが1人、インフルエンザで出場できなくなり、試合前はどうなることかと思っていました。でも女子4人が本当に頑張った。女子力での優勝ですね」と江上、井本、松本蛍、石橋と慣れないポジションでもレギュラーを務めた女戦士を称えた。
芦辺の部員は11人と少ないが、石橋駿キャプテンは「団結力がすごいのです。みんなで喜びを分かち合いたい」と今年は大会で8回優勝することを目指している。

 

ソフト(ディレードスチールを決めた井本七)
【成績】▽準決勝 芦辺17‐1志原、初山11‐4沼津
▽3位決定戦 沼津12‐5志原
▽決勝
初 山 2100-3
芦 辺 3020X-5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20204/3

市長職務代理を中止

白川博一市長は1日、任期満了に伴う市長選挙のため5日から12日まで予定していた眞鍋陽晃副市長への市長職務の代理を取り止めることを発表した。本…

20204/3

記録的な大雨を観測。国道沿いの斜面が崩落。

3月26日から27日にかけて日本海上空にある前線を伴った低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部は大気の状態が不安定となり、3月…

20204/3

疫病退散の願いを。原の辻で鬼凧揚げ。

好天に恵まれた3連休中の3月21日、原の辻王都復元公園の上空に8枚の鬼凧が優雅に舞った。春休みの帰省客ら数組も、遠くから凧の姿を見つけ、見物…

20204/3

市長選候補が討論会。テレビ、ラジオで放送。

活性壱岐討論会実行委員会(米倉真吾実行委員長=市商工会青年部、JA壱岐市青年部、市観光連盟青年部で構成)は3日午後7時から壱岐の島ホール中ホ…

ページ上部へ戻る