スポーツ

玄海酒造TC決勝進出ならず 全日本綱引選手権大会

第36回全日本綱引選手権大会が6日、東京都の駒沢オリンピック公園体育館で行われ、男子は62チームが出場。22年連続出場を果たした長崎県代表で本市の壱岐玄海酒造TCは、予選リーグ3勝2敗の成績で、2年連続の決勝トーナメント進出を惜しくも逃した。
同チームは予選第7ブロックに登場。第1試合で木次ねんぱご(島根)、第2試合でヤマト・TC(奈良)に連勝する幸先の良いスタートを切ったが、第3試合でtough∞+(福井)に、第4試合は府中樹徳殿(東京)に連敗し、この時点でリーグ2位以上による決勝トーナメント進出が不可能になった。
それでも気力を萎えさせることなく、第5試合で川崎重工明石綱引クラブに勝ち、予選リーグは3勝2敗の3位だった。
昨年は予選リーグ4勝1敗で上位16チームによる決勝に進み、今年はベスト8入りを目標にトレーニングを積んできた。米村誠晃監督は「決勝トーナメントには進めなかったが、選手もよく頑張り最低3勝の目標は達成出来たので、来年は頑張ります」と気持ちを切り替えた。
玄海酒造の山内賢明会長は「ひと言残す、という言葉もある。今回足りなかった1勝は来年に残して、次につながる良い結果になった」と巻き返しを誓った。
会場には東京壱岐雪州会関係者を中心に長崎県人クラブ、酒類取扱関係者ら約80人が応援に駆け付け、熱心に声援を送った。

 

関連記事

  1. 志原・初山小でフラメンコ 蘭このみスペイン舞踏団
  2. 谷繁、和田さんがコーチング。壱岐の島野球教室
  3. 平均価格57万円突破 金太郎3産子が高値 10月子牛市
  4. 国体を盛り上げよう 壱岐を元気にする会
  5. 新庁舎建設を断念
  6. 郷ノ浦は65人出席 自治公民館長会議
  7. 八幡が優勝、準優勝は那賀 第5回壱岐友杯少年軟式野球
  8. ファウンテック社員旅行 5度目の壱岐を満喫

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP