スポーツ

野上恵子さんと一緒に走った!十八銀行陸上部が教室開講。

十八銀行女子陸上部(吉井賢監督)のメンバーら8人が6月28日から7月5日まで、恒例となった壱岐合宿を行った。合宿に参加した選手は、3月の名古屋ウィメンズマラソン2018で5位(日本人3位)となり来年開催される東京五輪代表選考会「グランドチャンピオンシップ」への出場権を獲得し、今年8月のアジア大会(ジャカルタ)のマラソン女子日本代表にも選出されている野上恵子さん(32)をはじめ、キャプテンの山﨑なず菜さん、昨年10月のプリンセス駅伝メンバーだった富永あかりさん、立岩宇美さん、大久保麻紀さんの5人。

合宿中は大雨、台風など天候には恵まれなかったものの、筒城浜ふれあい広場ジョギングコース、原の辻ガイダンス周辺道路で1日30~40㌔の走り込みを行った。野上さんは「雨の中でも走れるし、走れない日は別のトレーニングもできるので、天候は気にならなかった。春まで大きな大会が続いたので、リフレッシュしながら、不足していた走り込みを行うことができた。壱岐合宿の参加は4回目だが、コース、環境が整っている上、市民の皆さんが応援してくれていることがすごく力になる。食べ物も最高。ここで蓄えた力で、アジア大会での優勝を狙いたい」と力強く宣言した。

また6月30日には、芦辺ランニングクラブに所属する小学生ら80人を対象に、壱岐島開発総合センター全天候型多目的施設で陸上教室を開催し、子どもたちにストレッチをしながら行うウォーミングアップの方法を教えた。山本聖子マネージャー(35)がマイクを持ち、選手5人がグループリーダーとなって子どもたちと一緒に練習を実践。歩き、走りながら行う様々なバリエーションのストレッチに、楽しみながら取り組んだ。野上さんは「子どもたちは本当に元気で明るい。私自身もリフレッシュできたし、名前も覚えてもらった。練習をしているうちに子どもたちの動きが変わってきた。しっかりとストレッチをやって、けがをしないように陸上競技を楽しんでもらいたい」と話した。

関連記事

  1. 筒城浜で花嫁姿撮影 香港から招致活動
  2. 壱岐SCが県中総体出場決める 厳原FC相手に5-0快勝 クラブチ…
  3. 若手医師育成施設 市民病院に併設
  4. 長岡秀星さんが死去 世界的イラストレーター
  5. 大規模災害時に協力 測量設計コンサルタンツ協会
  6. 壱岐署に新警備艇 最高速度40ノット
  7. イルカのパルフェが死亡
  8. 盈科Aが3年ぶり優勝 小学生駅伝大会

おすすめ記事

  1. ジャガイモ「壱岐黄金」 平人営農組合が収穫祭
  2. 小島神社参道改修の支援募る 田河まち協と氏子会が連携
  3. 守時タツミピアノコンサート 22日 一支国博物館で開催

歴史・自然

PAGE TOP