友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20219/13

今季は特等米も 日本酒仕込み開始 新酒は10月下旬に 重家酒造

日本酒を製造する重家酒造横山蔵で今季の製造が始まった。

酒米の初蒸しとなった6日は、早朝から酒のもとになる麹を造る米120㌔を甑(こしき)で蒸し、蔵から立ち昇る蒸気が今季の製造開始を告げた。

蒸された米は手作業で適温に冷やされ、杜氏の横山太三専務(48)が蒸し具合を確認。「出来はいい」と手ごたえを感じていた。

同社の「よこやまシリーズ」はこれまで、1~2等の山田錦を使って醸造されてきたが、今季は商品の価格は据え置きで、より品質が高い特等山田錦を中心にするという。麹米の温度や湿度を管理できる製麹機も新たに導入した。今季1本目の新酒は10月下旬に発売予定。

横山専務は「コロナ禍だが、食卓で美味しいものを飲んでいただき、前向きになっていただければ。酒造りは1に麹、2に酛(もと)、3に造り。良い麹を造ることがいい酒を造る。もう一段階上を目指したい」と話した。

福島県いわき市出身で、同蔵に勤めて4年目の吉田章宏さん(30)は「年々いい酒ができているという自負はある。コロナ禍で消費はなかなか上がらないが、クオリティを突き詰めているので、多くの人に飲んでもらいたい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20221/17

雲一つない初日の出 博物館に観望客百人

一支国博物館屋上芝生広場、展望室で1日、新年恒例の初日の出観望会が行われた。新型コロナの第6波が全国的に拡大しているため、島外からの初日の出…

20221/17

「挑戦し続けます」 成人式で誓い新た

市成人式が9日、壱岐の島ホールであり、新成人の対象者261人のうち230人が出席。成人としての誓いを新たにした。 式では白川博一市長が…

20221/17

地鎮祭の跡も? 発掘現場で説明会 埋文センター

県埋蔵文化財センターはこのほど、本年度発掘調査現地説明会を原の辻遺跡北側の閨繰(みやくり)地区近くの調査現場で開いた。 市民約30人が…

20221/3

壱岐署玄関に門松寄贈 綿井さんと盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(71)と盈科小学校交通少年団のメンバーらが24日、壱岐警察署に手作りの門松1対を寄贈。玄関前に飾った。 …

ページ上部へ戻る