スポーツ

道下美里さんが金メダル 「壱岐は第2のふるさと」 東京パラリンピック 視覚障害女子マラソン

東京パラリンピック最終日の5日、陸上女子マラソン視覚障害T12が東京・国立競技場を発着点とする42・195㌔のコースで行われ、これまで本市で3回の合宿や講演会を行うなど「壱岐は第2の故郷のひとつ」と公言していた山口県下関市出身の道下美里さん(44=三井住友海上)が3時間0分50秒で金メダルを獲得。小池百合子都知事からメダルを渡され、「君が代」に歓喜の涙を流した。壱岐合宿でともに汗を流した市民ランナーや、リオデジャネイロ・パラ五輪銀メダル獲得後に行った講演会で「東京では必ず金メダルを獲ります」との宣言を聞いた市民も、道下選手の笑顔と涙、有言実行の力強い精神力に、大きな勇気と感動をもらった。

関連記事

  1. 100㎞は福岡・水田さんが優勝。地元・川下さんが大健闘2位。第2…
  2. 勝本北星は2回戦敗退 全日本軟式野球大会
  3. 離島甲子園で本市が準優勝。全国離島交流中学生野球大会
  4. 住民説明会26日から実施 市庁舎建設で意見聴取 菊森会長出席
  5. 皆既月食観察会 一支国博物館で開催
  6. 両部門とも郷ノ浦が圧勝 第57回壱岐一周駅伝
  7. 国体を盛り上げよう 壱岐を元気にする会
  8. 手作り葦船発進 八幡小児童が製作

おすすめ記事

  1. 壱岐にほしいものは? こども選挙委員がワークショップ
  2. 廃棄される焼酎粕、ユズ皮を商品に 生徒たちがアイデア発表 SDGs対話会
  3. 11人が市長特別表彰を受賞 芸術・文化・技能・スポーツで功績 男子ソフトの4人 県選抜で全国優勝

歴史・自然

PAGE TOP