スポーツ

道下美里さんが金メダル 「壱岐は第2のふるさと」 東京パラリンピック 視覚障害女子マラソン

東京パラリンピック最終日の5日、陸上女子マラソン視覚障害T12が東京・国立競技場を発着点とする42・195㌔のコースで行われ、これまで本市で3回の合宿や講演会を行うなど「壱岐は第2の故郷のひとつ」と公言していた山口県下関市出身の道下美里さん(44=三井住友海上)が3時間0分50秒で金メダルを獲得。小池百合子都知事からメダルを渡され、「君が代」に歓喜の涙を流した。壱岐合宿でともに汗を流した市民ランナーや、リオデジャネイロ・パラ五輪銀メダル獲得後に行った講演会で「東京では必ず金メダルを獲ります」との宣言を聞いた市民も、道下選手の笑顔と涙、有言実行の力強い精神力に、大きな勇気と感動をもらった。

関連記事

  1. 都道府県対抗中学バレー 県選抜に 郷ノ浦3年、松山凌大さん
  2. 猛毒ヒョウモンダコ 芦辺漁港で3尾発見
  3. タウンミーティングで意見交換 V・ファーレンが地域活動検討
  4. 65の体験メニューを再構築 料金・時間・内容を見直し 壱岐島ごっ…
  5. 上野投手との対決は!? 国体ソフトは長崎‐群馬
  6. 郷ノ浦中が完封優勝 軟式野球県新人戦
  7. 壱岐選手団は94人 ねんりんピック県大会
  8. 「ストップ孤立」

おすすめ記事

  1. 筒城浜で心身を鍛錬 剛柔流空手道合同寒稽古
  2. 第10回壱州祭が29日まで開催 高校生による文化芸術祭
  3. 初の定期演奏会開く 市消防音楽隊ハミングバーズ

歴史・自然

PAGE TOP