地域情報

壱岐、対馬周辺海域 洋上発電で現地調査へ。

第2回県洋上風力発電ゾーニング導入可能性検討協議会が10月27日、長崎市であり、壱岐市と対馬市のそれぞれの周辺海域を「適地エリア」として、本年度に2次スクリーニング(詳細検討)を実施ことにした。

同協議会は、環境に配慮した地域共生型の洋上風力発電導入事業の導入に向けて今年2月に第1回会議を開催。県内沿岸海域から自然公園や世界遺産地域、漁港区域、指定避難区域などの「保全エリア」を除外した範囲をゾーニング対象範囲にし、地元関係者を含め、2次スクリーニング実施の意向がある海域を適地エリアに決めることにしていた。

第2回協議会では、今後、両市の協議会(本市は27日に開催予定)で協議する予定のほか、現地調査やヒアリングを行うことを確認した。

関連記事

  1. 「夢を実現させて恩返しする」 本市両高校で計210人が卒業
  2. 庁舎移転に猛反対 郷ノ浦地区説明会 ケーブルテレビ 放送日未定
  3. 春の叙勲を受章 瀬戸口和幸さん、髙田國行さん
  4. 壱岐署に門松寄贈 盈科小交通少年団ら
  5. 芦辺に3万平方㍍の土地取得 日韓トンネルフォーラム
  6. 下条英則、山内賢明両氏。秋の叙勲を受章。
  7. ながさき建築賞奨励賞。睦設計コンサルタント。
  8. 5Gの未来を説明。ファーウェイ日本が壱岐高で授業。

おすすめ記事

  1. 初の日曜開催で賑わう 育児サークルが「おゆずり会」
  2. 平均価格55万4165円 6月市場は前回比92.8%
  3. 石田さん、下條さんに辞令 地域おこし協力隊

歴史・自然

PAGE TOP