友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20213/15

県防災航空隊が消防本部と訓練。本市から派遣の江口隊員も。

県防災航空隊と市消防本部の合同訓練が6日、大谷グラウンドであり、上空からの消火や孤立現場への隊員の派遣、けが人の救助などの訓練を実施。約100人の市民が見守った。

訓練には、同本部から2018年4月から航空隊に派遣されている江口卓巳消防士長(35)も隊員として出動。要救助者の吊り上げ訓練では、江口隊員が上空約15㍍からホイストケーブルで降下し、地上からけが人を模した署員を支えながら救助した。

航空隊は大村空港を基地に隊長ら隊員7人で構成。年間50~60回の出動がある。

江口隊員は昨年7月、熊本県の豪雨災害の際、孤立集落の救助に出動し、吊り上げ救助も経験した。その出動時、高齢女性は自宅から約200㍍流され、畳の上に飼い猫を乗せていた状態だった。ヘリはコックピットと後方のスペースとの間に仕切りがないため、危険防止のため動物は乗せられないことになっていたが、女性は「猫を連れて行けないなら行かない」と救助を拒否。そこで江口隊員は機内でパイロットに交渉し、リュックサックに猫を入れることで許可を取り付け、無事救助に成功。とっさの機転が迅速な搬送に繋がった。

江口隊員は今月で3年の任期を終えて市消防本部に戻るが「航空隊と顔が見える関係を築き、率先してヘリを活用して初動を迅速にできるようにしたい」と話した。

訓練終了後は、ヘリの一般公開もあり、家族連れらが記念撮影するなどしていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20221/24

海軍省作成の図録見つかる 「わがいくさぶね」 牧山耕蔵氏贈る 軍縮に不満示す史料か

勝本町勝本浦の殿川酒店(元殿川酒造)に、同町出身の衆院議員、牧山耕蔵氏(1882‐1961年)が寄贈したと見られる旧海軍省が海軍記念日用に作…

20221/24

複業アドバイザー5人が就任 DX、ワーケーション等に助言

市は11日、連携協定を結ぶIT企業のアナザーワークス社が展開する複業マッチングプラットフォーム「複業クラウド」に応募のあった実証実験アドバイ…

20221/24

九州大会で揮毫(きごう) 壱岐高2年、山内樹人さん

第5回全九州高等学校総合文化祭書道部門(揮毫大会)が12月11日、長崎市の県立総合体育館であり、壱岐高校書道部部長の2年、山内樹人さんが出場…

20221/17

雲一つない初日の出 博物館に観望客百人

一支国博物館屋上芝生広場、展望室で1日、新年恒例の初日の出観望会が行われた。新型コロナの第6波が全国的に拡大しているため、島外からの初日の出…

ページ上部へ戻る