地域情報

若手医師育成施設 市民病院に併設

市議会(行政報告を行った白川市長)

◆行政報告抜粋
【はじめに】
▽ハートミーティング 20~30代の若手職員と壱岐市の未来、市政に対する思いや考えなど意見交換を行う「職員とのハートミーティング」を10月9日から開始。私からは、従来の「地域のリーダーであること」「素早い対応」「常に壱岐市のことを考えること」に加え、3つの目「遠くを見る目(将来のこと)」「広く見る目(市全体のこと)」「深く見る目(職務のスペシャリストになること)」を持つことを要望している。
▽大学との連携 長崎県立大学の「しま体験教育プロジェクト」が文部科学省の「地(知)の拠点整備事業」に採択されたことから、10月22日、同大学を訪問し、意見交換を行った。平成26年度から事業開始され、2年時にフィールドワークを行う予定で、平成27年度から200人ほどの大学生が壱岐を訪れる。
【交流人口の拡大】
▽観光振興 「しまとく通貨」の県全体の販売状況は、10月末現在で15億4335万円、年間目標に対して42・9%。壱岐市の換金額は4億1772万円で、年間目標額の43・5%となっている。
【産業の振興】
▽農業の振興 本年度の水稲作況指数は、県全体では98%だったが、壱岐は100%と平年作の発表がされた。早期米のコシヒカリは高温による登熱障害などによる品質低下で1等13・1%、2等86・4%だったが、高温耐性のあるつや姫は1等92・9%、2等6・1%と好成績で、収量・品質とも今後に期待の持てる結果が出ている。普通期米は、台風後の倒伏、病害虫などによりヒノヒカリが1等7・1%、2等76・0%と品質低下の被害を受けたが、にこまるは1等90・4%、2等9・6%だった。
農地・農業用施設等災害については、8月、9月の集中豪雨による被災申請箇所43地区の現地査定が実施され、平均査定率95・7%、査定額4639万円となった。また11月10日の豪雨により農地・農業用施設災害26箇所、林地災害1箇所が発生している。
▽水産業の振興 本年4月から10月までの漁獲量、漁獲高を昨年同期と比較すると、漁獲量は1600㌧で3・13%の増加だったものの、漁獲高は16億6千万円で1・08%の減少となっており、魚価の低迷が深刻な状況にある。
【病院事業】
▽壱岐市民病院 経営状況は、本年4月から9月までの上半期の経常収支が約3千万円の黒字となり、経営状況は確実に改善している。特に入院患者は、診療体制の充実による患者受入体制強化等により、病床利用率は80%前後と安定して推移している。CT及びマンモグラフィーの両撮影装置の更新が完了し、最新機器による検査体制の充実も進んでいる。
来院者の増加に伴い駐車場拡張のため、正面玄関側に18台分の駐車スペース増設の工事を12月から着手し、3月の完成を目指している。
第3次長崎県地域医療再生計画に基づく事業として、研修医の宿泊施設の整備が採択された。本事業は、研修室と宿舎を兼ねた施設を病院に併設し、研修医や卒後3年から5年の若手医師の確保を進め、若手医師育成の拠点としていくとともに、壱岐地域の医師不足解消の一役を担うものとして期待している。
引き続き、長崎県病院企業団への早期加入に向けて、市民病院の機能強化の取り組み等について、全力で進めていく。

 

関連記事

  1. 県産酒乾杯条例を可決 山本啓介県議らが提案
  2. 住民説明会26日から実施 市庁舎建設で意見聴取 菊森会長出席
  3. 郷ノ浦は65人出席 自治公民館長会議
  4. 小中学生絵画展 小金丸記念館
  5. 住民参加で避難訓練 石田町山崎触で土砂災害想定
  6. ギネス世界記録達成 555人が壱岐牛リレー
  7. 昨年中の出生数 112人(前年比5人増)
  8. 麻薬探知犬が公開訓練 盈科小で税関業務授業

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP