地域情報

1年間の豊作を祈願。献穀田お田植え祭。

県神社庁壱岐支部(榊原伸支部長)は4月25日、郷ノ浦町若松触の鏡岳神社氏子、成石範明さんの田圃で献穀田お田植え祭を開いた。耕作長は野口一之さんが務めた。

同支部によるお田植え祭は平成2年から始まり、今年で31回目。例年は早乙女・田男を務める地元児童をはじめ、地域住民、県・市、JAなどの関係者が百人以上集まる催しだが、今年は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、出席者は各代表者ら15人程度となった。

神事は例年通りに行われ、神職が1年間の豊作を祈願。注連縄(しめなわ)に囲まれた献穀田で、野口耕作長が古式に則り、つや姫の早苗を手慣れた手つきで植え付けた。

田長の成石さんは「献穀田を任されることは大変に緊張する。ここで栽培するつや姫は農薬による消毒や除草剤の散布をほぼ行っていないので、虫にやられないように見回りをしっかり行い、手をかけて除草を行っていく。幸い、日当たりが良く、雨、風に対しても被害を受けにくい場所にあるので、立派な米を育てていきたい」と意欲を語った。

榊原宮司は「収穫を迎える秋には、このコロナ騒動も収まっていると信じている。収穫祭は盛大に行いたい」と話した。

早苗を植え付ける野口耕作長

関連記事

  1. 長島が小型ポンプ県初優勝。芦辺ポンプ車は全国出場逃す。消防操法県…
  2. 串山海岸で開催 辰ノ島フェスタ
  3. 堀江貴文さんとIki-Biz森センター長が対談イベント。地方の豊…
  4. NHKラジオ公開収録 橋幸夫、門倉有希が出演
  5. 「市長・議会に任せる」なら賛成、「任せられない」なら反対の考え方…
  6. 県中総体も中止が決定。市大会は開催の方針。
  7. 壱岐市長選は三つ巴の見込み 4月3日告示、10日投開票
  8. 吉本芸人4人が観光大使。福岡で壱岐を情報発信。

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP